\ 楽天ポイント最大10倍! /

粉ミルクぴゅあとすこやかの違いは?売ってる場所や販売店はどこ?

赤ちゃんの栄養源として大事なミルク。産院で使用していたものを飲ませているママも多いのではないでしょうか?

ですが、粉ミルクを比較してみることも大切です。今回は、粉ミルク『ぴゅあ』と『すこやか』の違いや、ぴゅあの販売先などを調査します!

目次

粉ミルク『ぴゅあ』と『すこやか』の違いについて

粉ミルクには様々な種類がありますよね!

私がお世話になった産院では『すこやか』を使用していたので、退院してしばらくはすこやかにお世話になっていましたが、時々併用する程度だったのでいつしか飲まなくなってしまい、他の粉ミルクなら飲んでくれるかな?と調べたみたことがあります。

すると、成分や価格、腹持ち、粉ミルクの溶けやすさなど、様々な違いがありましたのでご紹介させてください。

成分の違い

まずは、成分の違いを比較していきたいと思います。

ぴゅあの主な成分は、

  • 葉酸
  • DHA
  • ヌクレオチド
  • タウリン
  • オリゴ糖
  • シスチン
  • βカロテン
  • コリン
  • ラクトアドへリン
  • ラクトフェリン
  • アルギニン

となっています。

母乳に近い成分が豊富に含まれていますし、ラクトアドへリンラクトフェリンという赤ちゃんを菌から守り、免疫力を高めてくれる栄養素を母乳と同じくらい含んでいることが最大の特徴です。

この2つの成分は、初乳に多く含まれている栄養価で、赤ちゃんにとって大切な成分となっております。

また、アルギニンという精神の安定を促してくれる成分が含まれている粉ミルクはぴゅあだけです。

完ミの赤ちゃんに嬉しい成分がたくさんですよね!

次は、すこやかの主な成分をみていきましょう。

  • 葉酸
  • DHA
  • ヌクレオチド
  • タウリン
  • オリゴ糖
  • シスチン
  • βカロテン
  • リノール酸
  • シアル酸

すこやかも母乳に近い成分で作られています。

そしてすこやかの1番の特徴が、脳の発達に欠かせないガングリオシドや、シアル酸が豊富なところです。

まず、脳や神経系の発達にとても良いガングリオシドは、粉ミルクですと、すこやかにしか含まれていません。

そしてシアル酸は母乳(とくに初乳)に多く含まれている免疫力を高めてくれる成分なのですが、すこやかには多く含まれているので、ミルクメインの赤ちゃんにはぴったりですね。

また、すこやかには脳の発達を促すアラキドン酸という成分の原料となるリノール酸も多く含まれています。

アラキドン酸は近年、赤ちゃんの脳の為に必要な成分だと注目されていますが、DHAほどの必要性が得られているわけではないので、直接の配合はしていないとのことです。

それぞれのミルクにしか含まれていない成分もありますので、赤ちゃんの状態に合わせてミルクをセレクトしてあげるといいのではないでしょうか。

価格の比較

続いては、こちらも成分と同じくらい気になる価格の比較をしていきたいと思います。

どちらの粉ミルクも、大缶タイプとスティックタイプはありますので、まとめていきますのでご参考にしてください。

商品名スティックタイプの価格大缶(100ml分)の価格
ぴゅあ41.6円(1本あたり)28.3円(100mlあたり)
すこやか58.3円(1本あたり)37.0円(100mlあたり)

価格に関しては、ぴゅあがスティックタイプも大缶タイプも圧倒的に安いという結果になりました。

とくにスティックタイプはぴゅあがどのメーカーの粉ミルクよりも安く、すこやかが1番高いという結果です。

ぴゅあは、宣伝費用をかけないことで価格を抑えています。

決して成分が悪いなどではございませんので安心してくださいね。

何の成分を優先したいかによってや、金額と相談して使い分けるといいのではないかと思います。

私は母乳の出が悪かった頃は、免疫力を高めてくれる成分が豊富なものがいいなと思い、1歳未満の頃はすこやかにしていました。

しかし、毎回200㏄程飲むようになってくると、すこやかは少し値段が高いこともあり、ぴゅあに変えたり、お出かけの時だけは調乳が楽なスティックタイプを使うなどしていましたので、臨機応変に対応されるといいのではないでしょうか。

腹持ちがいいのは?

腹持ちに関しては我が家比でしかお伝えできないのですが、基本的にミルクは母乳に比べて消化に時間がかかりますので、腹持ちはいいと感じます。

ぴゅあもすこやかもどちらも試したところ、飲みっぷりはぴゅあがよく、授乳間隔が空くのはすこやかという印象でした。

これはお子様の味の好みだったりで消化スピードなどで違いがあるかとは思いますが、ぴゅあは消化もよくて便秘にも全くなりませんでした。

ですが、消化が良い分、腹持ちはすこやかに若干劣るように感じます。

平均するとぴゅあのほうが、1時間程度空腹で早く泣き出すといった感じです。

すこやかは、便秘まではなりませんでしたが、便が少し硬いかなという印象でした。

そしてすこやかは生後3か月頃から、夜寝る前に飲ませると4~5時間ぐっすり眠ってくれることが多くなりましたので、腹持ちは良いのかなと個人的に思います。

お腹の調子や、睡眠時間など見ながら、どちらのミルクもお子様に飲ませてみてあげてください。

溶けやすいのはどっち?

溶けやすさは引き分けで良いと思います。

ぴゅあは粉砂糖のように細かい粉なので、多少お湯がぬるくても溶けてくれたので、自宅やお出かけで移動中でもミルクが作りやすかったです。

すこやかも粉は細かく溶けやすいですし、あまり強く哺乳瓶を振らなくても溶けてくれるので、泡が立たず赤ちゃんも飲みやすそうでした。

ですので、溶けやすさはどちらも溶けやすい!とさせていただきます。

粉ミルク『ぴゅあ』と『すこやか』の比較まとめ

先程の章でぴゅあとすこやかについて比較していきましたので、上記以外のことも含めて、表でまとめていきましょう。

ぴゅあ
すこやか
  • 味…すっきり甘さ控えめ
  • 成分…アルギニンが含まれているのはぴゅあだけ
  • コストパフォーマンスが良い
  • 腹持ちは少し劣る
  • 溶けやすい
  • 味…素朴な甘さで砂糖の甘みは弱い
  • 成分…ガングリオシドが含まれているのはすこやかだけ
  • コストパフォーマンスは良くない
  • 腹持ちはぴゅあより良い
  • 溶けやすい

どちらの粉ミルクも、成分に脳の発達に良いと近年注目されているアラキドン酸が含まれていませんが、どちらのミルクにもアラキドン酸のように脳の発達などに良いというDHAなどが豊富に含まれています。

味は、どちらもオリゴ糖が配合されており、優しい甘みで、母乳に近い味わいです。

また、オリゴ糖が含まれているので、便秘予防にも効果が期待できるでしょう。

溶けやすさはどちらも溶けやすいので、お出かけ先のベビーステーションなどでの調乳も楽におこなうことができるのでおすすめです。

コストパフォーマンスや赤ちゃんの腹持ち具合、完ミなのか、母乳と併用なのかなど様々な角度から考慮して臨機応変にミルクを選んであげてください。

少しでも育児を頑張っているママの参考になれば幸いです。

粉ミルクぴゅあはどこで売ってる?

ここまで、ぴゅあの成分などを比較してきましたが、ぴゅあはどこに売っているのでしょうか?

販売店を調査しましたのでご紹介したいと思います。

一部ドラッグストア

ぴゅあはどこで買えるのか、まずは身近なドラッグストアを調査していきました。

ぴゅあが販売されている店舗は、

  • マツキヨ
  • ココカラファイン
  • サンドラッグ
  • くすりのレディ

などの、ドラッグストアでの取り扱いがあります。

ただし、ウエルシアやツルハドラッグでは販売情報の口コミなどは得られませんでしたので、売られている可能性は低いでしょう。

また店舗の規模などによっては、ぴゅあの取り扱いがない場合もございますのでご了承ください。

ベビー用品店

ベビー用品のお店でもぴゅあは安く販売されています。

  • 赤ちゃん本舗
  • ベビザラス
  • 西松屋

などのベビー用品店では、1缶1500円程度と子育て応援価格で売られていますので、お近くの店舗に足を運んでみてくださいね!

粉ミルクはぴゅあは通販で買える?

ぴゅあはドラッグストアやベビー用品店で販売されていることがわかりましたが、近くの店舗には取り扱いがない場合や、在庫がなかったという口コミもみられます。

そこで通販サイトでの取り扱いがないのか調べたところ、通販でも売られていることがわかりましたのでご紹介したいと思います。

大手通販サイト(Amazon・楽天・Yahooショッピング・ヨドバシ.com)

大手通販サイトでもぴゅあの販売があります。

送料無料や、まとめ買いでおまけもついてお得なものなどありますので、ご都合の良いサイトでお買い物していただくと良いでしょう。

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahooショッピング
  • ヨドバシ.com

1番お得なのは楽天の8缶まとめ買いのもので、1缶あたり1550円になります。

少し多く感じるかもしれませんが、ミルクはあっという間になくなるものですので、ご検討されてみてください。

コープ

コープでもお得にぴゅあが販売していることがありますので、要チェックです。

子育て世帯は、お買い物に行くのも大変なのでコープを注文されている家庭も多いのではないでしょうか?

家まで届けてくれますし、他で買うよりも安いので、コープに加入されている方はぜひご利用ください。

まとめ

今回は、粉ミルクのぴゅあとすこやかの違いや、売っている場所はどこなのか、通販での取り扱いがあるのかなどを調べていきました。

ぴゅあとすこやかの違いは、成分と価格が大きく違い、成分に関しては何の栄養を1番重視したいのかよく考えて選ばれるといいですね。

溶けやすさはどちらも粉が細かく溶けやすいので、作りやすいと言えます。

腹持ちについては我が家の子供比なのですが、お伝えしましたのでご参考にしていただけると幸いです。

身近に販売店も比較的あることがわかりましたが、確実にお得にぴゅあを手に入れたい場合は通販サイトでの購入をおすすめします。

赤ちゃんの健康をサポートしてくれるミルクですが、成分やコストパフォーマンス、赤ちゃんの好みや様子も観察しながら、育児に取り入れていただければ幸いです。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる