\ Amazonタイムセール祭り! /

茶筅(抹茶の道具)ダイソーやセリア等の100均やニトリで買える?売ってる場所は?

茶筅(抹茶の道具)ダイソーやセリア等の100均やニトリで買える?売ってる場所は?

自宅で気軽に抹茶を点てたいと思ったときに必要となる茶筅(抹茶の道具)はダイソーやセリア等の100均、ニトリで買えるのでしょうか。

今回は茶筅(ちゃせん)をどこで購入できるのか、その場所等についてみていくことにしましょう。

目次

茶筅(ちゃせん)について

かき混ぜるための道具

茶筅とは抹茶を点てる道具のひとつで、抹茶を湯に加えた後にかき混ぜるために使います。

茶筅を使うことによって抹茶が泡立つため泡立て器というイメージがあるかもしれませんが、あくまでかき混ぜるための道具になります。

茶筅の素材

茶筅の素材のほとんどは竹製となり、茶道ではその流派によって白竹(淡竹)や紫竹(黒竹)など種類も分かれていたりします。

最近ではアウトドア向けやカジュアルな抹茶点て向けに、樹脂製などの素材やシリコン、ポリプロピレン樹脂製なども存在します。

形も様々で「穂」と呼ばれる茶筅のかき混ぜる部分の形や、穂数にも茶道の流派や茶の濃度などによって使い分けれれています。

竹筒が12cmほどの大きさでその先端が細かく裂かれ部分を「穂」と呼び、16本から120本まである中で穂数が多いほど細かい泡立ちになります。

抹茶の濃度に関わる穂数

抹茶には薄茶と濃茶があり穂数が多いもので薄茶を、少ないもので濃茶を点てます。

  • 平穂(大荒穂)….穂数は16本で濃茶点て向け
  • 中荒穂、荒穂….穂数は32本から48本前後で、濃茶を点てるのに練りやすい
  • 常穂(つねほ)….穂数が64本となり、茶筅の中では標準的なタイプで薄茶点てに向いている
  • 数穂(かずほ)….穂数が70本でこちらも茶筅では標準的と言われ薄茶、濃茶どちらを点てることもできる
  • 80本立….穂数が75本から80本ほどになり、初心者がきめ細かい薄茶を立てるのに向いている
  • 100本立….穂数が95本前後となり、薄茶を作るのにあわ立てやすい
  • 120本立….穂数が120本前後であわ立てやすい反面、柄も大きくなる

茶筅が売ってる場所

ダイソーの茶筅

茶筅はダイソーでも入手可能のようで、さすがに100円ではないにせよ安いですね。
ちょっとした気分で抹茶を点ててみようと思った際に茶筅が入手できるのはありがたいです。
とはいえ、茶筅が売っていなかったというツイートも散見できますので近くに実店舗がある場合は確認する必要があるかもしれません。
また、ダイソー以外のセリアやキャンドゥでは茶筅の取り扱いが残念ながらありません。

ニトリの茶筅

ニトリで100本立の茶筅が入手できます。
素材は定番と言える竹製で値段は1314円(税込)となっており、2000円~4000円前後する茶筅を考えれば手頃と考えて良いでしょう。
薄茶を点てる際に初心者でも泡立てやすいのでこれから趣味で抹茶を点てたい人にもオススメです。

サイトリンク:ニトリ 茶筅100本立

無印のステンレス泡立て・小

無印に茶筅はありませんが、「ステンレス泡立て・小」という商品が茶筅の代用として使えそうです。

抹茶たて道具として販売されている訳ではありませんが、自宅で気軽に抹茶を点てるにはこうした代用となるコンパクトな泡立て器を使うのもアリなのではないでしょうか。

サイトリンク:無印良品 ステンレス泡立て・小

ビバホームの茶筅は種類豊富

ホームセンターのビバホームでは5種類の茶筅と2色の茶筅立てがあります。

100本立が2種類あり、詳細情報はありませんが値段の違いは素材の違いによるものと考えて良いでしょう。

茶筅

ビバホームサイトでは「茶せん」と表記されています。

  • 茶せん100本立….1584円(税込)
  • 茶せん野立用….2288円(税込)
  • 茶せん数穂….2508円(税込)
  • 茶せん八十本立….2618円(税込)
  • 茶せん百本立….2728円(税込)

茶筅立

ビバホームサイトでは「茶せん立」と表記されています。

  • 茶せん立グリーン….602円(税込)
  • 茶せん立ブルー….602円(税込)

サイトリンク:ビバホーム 茶せん

通販で買える茶筅

徳増茶道具 茶道具 茶筅(茶筌)&曲直し&茶杓の3点セット

茶筅と茶杓、茶筅休めがセットになっており、初めて自宅で抹茶を気軽に点てるのにも手頃な値段なのでオススメです。

茶筅は100本立となり泡たちの良い薄茶を点てられます。

株式会社 芳香園 日本製 茶道具 茶筅 (茶せん) 黒竹 真数穂 茶筅師 池田壹岐 作

黒竹製による高級感あふれる茶筅で、穂先に向かって薄くなっていく真数穂という種類になります。

竹は流派によって使い分けされたりするようですが、自宅で点てる場合は気に入った茶筅を選んで良いと思います。

ただし樹脂製などに比べるとデリケートですので、使用後にはしっかりと乾燥させて茶筅休めを使って保管するなど丁寧に扱いましょう。

徳増茶道具専門店 茶道具 茶筅 繰り返し使える茶せん 安心の日本製  (白竹色)

茶筅は白竹色ですが素材はポリプロピレン製となり、手持ち部分を外すことができるので洗浄が簡単で衛生的です。

竹製の茶筅は抹茶を点てる上で本格的である反面手入れには多少の注意が必要となりますが、本商品は樹脂製であるため耐久性もあり気兼ねなく使えそうです。

抹茶をカジュアルに楽しむという意味でもオススメです。

FFROMLIFE 茶筅(茶筌) 茶せん 100本立 竹 茶道具 (1 個)

539円という手頃な値段でありながら素材は竹製となり、100本立なので薄茶の泡立てに向いています。

初めての茶筅にも購入しやすい値段なので、自宅で気軽に抹茶を点ててみたいという人にもオススメです。

茶筅がなくても抹茶は点てられる?

茶筅の代用

抹茶を点てるときに茶筅が無く、自宅にあるもので代用となるものを考えてみましょう。

  • スプーン…..手っ取り早い代用ですが、抹茶が溶けにくい可能性もありますのでお湯で調整しながらかき混ぜましょう。
  • 泡立て器….先の項目で紹介した無印の小さいサイズの泡立て器であれば抹茶をかき混ぜやすく、茶筅の代用として十分に役目を果たしてくれそうです。
  • マドラー….スプーンと比べて細長く、形状によってはかき混ぜやすいかもしれません。

100均で入手できるもの

ミルウォーマーはダイソーを初めセリアやキャンドゥなどの100均ショップでも入手可能です。
カフェラテやカプチーノを作るのに重宝しますが、抹茶を点てるときにも細かく泡たちを作ることができるので茶筅の代用としては最右翼となりそうですね。

まとめ

今回は茶筅の購入できる場所等についてお話を進めてきましたが、いかがでしたでしょうか。

茶筅には素材や穂数の違いによって薄茶向けや濃茶向けなど種類も豊富で、茶道の流派の違いなどで茶筅も使い分けられています。

値段の幅もダイソーで入手出来る300円台のものから数千円台のものまでありますね。

とはいえ、自宅で気軽に抹茶を点てる場合は気に入った茶筅を選んで楽しむことを優先できれば良いと思います。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる