\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

オイコスはコストコでなぜ安い?売ってる場所はドンキや業務スーパー以外にどこで売ってる?

オイコスはコストコでなぜ安い?売ってる場所はドンキや業務スーパー以外にどこで売ってる?

ダイエット目的や健康志向の人たちから大人気のオイコスが、コストコでは他のお店に比べても圧倒的な安さで売られています。

今回はオイコスがコストコではなぜ安いのか、売っている場所はドンキや業務スーパー以外にもあるのかなどについてお話ししていきます。

目次

結論:オイコスはコストコ会員以外なら通販での購入が安い!

オイコスがコストコで安い理由は後で説明するとして、価格を考えて購入したいというのであれば、家の近くにコストコがあり、さらに会員であるならコストコでオイコス購入するのが一番安いです。

ですが、コストコ会員ではない(※コストコは年会費がかかる)、または家の近くにコストコがなく交通費がかかるというのであれば通販サイトでオイコスを購入するのがコスパが高いです。

たしかに、価格だけで見ればコストコのオイコスが一番安いです。

しかし前述したとおり、コストコには年会費や交通費がかかります。
この部分を考慮すると、結果的にアマゾンなどでオイコスを購入した方が安く上がると言えます。

コスト削減でオイコスを購入したい方はコチラ

オイコス
¥2,995 (2022/11/23 21:46時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
オイコス
¥3,020 (2022/11/24 07:56時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

コストコでオイコスが安い理由や、注意点を知りたい方は以下を読み進めてください。

オイコスとは

ギリシャヨーグルトがベース

オイコスは他のヨーグルトに無い、「水切り」という製造工程を持ったギリシャヨーグルトという種類に分類されます。

「水切り」を行うことで他のヨーグルトに比べて味が濃厚になり、栄養価も高くなります。

タンパク質が豊富

オイコスの容量1カップ113gに対して10g以上のタンパク質の摂取が可能で、他のヨーグルトの摂取量に比べると2倍になります。

また脂質はゼロで無糖では71kcal、加糖であっても92kcalと低カロリーになっているためヘルシーな体づくりにもオススメできます。

選べる味は

オイコスのホームページでは現在5種類の味がラインナップされています。

  • プレーン(砂糖不使用)
  • プレーン(加糖)
  • ストロベリー
  • 洋ナシ(期間限定/2021年11月現在)

サイトリンク:オイコス公式サイト

オイコスがコストコでなぜ安いのか

価格が卸値

コストコは会員費を払う必要がありますが、良い商品を卸値価格でまとめ買いするには非常に便利です。

生活用品や食品などは安い上にサイズも大きいので、買い物の回数を減らしたい場合や家族が多い場合などにもコストコは重宝するでしょう。

コストコではそれぞれの商品がパレットに載った状態で陳列されていますが、これは仕入れた状態のまま店内に置かれるためです。

倉庫兼店舗という構造ならではで、これをシステム化することで人件費や物流コストを下げてなおかつ商品の低価格化を実現させています。

ケース売りで安く

スーパーなどではオイコスは1個単位で購入できますが、コストコでは1ケース(12個)単位でのみの販売になっています。

また1ケースの中身の味は1種類となり、色々な味を楽しみたいという人には残念ながら向いていないかもしれません。

とはいえ、オイコスをまとめ買いしたい場合にはコストコでの購入はかなりオススメと言えそうです。

意外と少ない商品数

コストコは広い敷地面積を持った倉庫型店舗なので扱う商品数(種類)も多く感じるかもしれませんが、実はそう多くはありません。

他のスーパーマーケットなどに比べれば商品ジャンルは同じようにあっても、その中の種類は非常に限られています。

というのも安く売るために商品数を絞って、売れ筋となる商品を大量に仕入れて低価格を実現させているのです。

オイコスをコストコで買うメリット

圧倒的な安さ

コストコで売られているオイコスは1ケース(12個)で1,048円で、1個あたり約87.3円という計算になります。

スーパーなどで売られている価格が1個150円〜160円台ということを考えると、かなり安く購入できることがわかります。

オイコスを毎日食べたい人にはコスパが良い

オイコスをダイエットや健康目的で毎日食べたいと思った時に、他のヨーグルトと比べると割高感があるのは否めませんね。

スーパーなどで仮に1週間分としてオイコスを7個購入しようとすると、先述した価格帯での計算では1,050円〜1,120円となりコストコの1ケースに近い値段に届いてしまいます。

12個購入しようとした場合は1,800~1,920円となって、コストコでもう1ケース買えてしまうような値段になってしまいます。

こうして考えるとオイコスを毎日食べたい人にとって、コストコのコスパは前向きな気持ちになりそうですね。

オイコスをコストコで買うデメリット

ケース売りしかない

コストコではオイコスに限らず食品類はケース売りやセット売りが多く、バラ売りされている商品があまり有りません。

そうした商品には1個あたり〜円という店内表記があるので、欲しい商品を買う前に他の店舗で買った場合に比べてコスパが良いか確認してみるのも良いと思います。

購入前には賞味期限に注意

コストコで売られているオイコスの賞味期限は様々なようで、多くは1ヶ月近いものになるようですが1ケースに対してたまにしか食べないつもりであれば購入前に表記された期限を確認しておきましょう。

賞味期限の短い場合はコストコの通常価格よりさらに安く売られることがあるようですので消費の仕方次第では、よりお得に感じることもあるかもしれません。

オイコスが売ってる場所

イオン系スーパー

https://twitter.com/tabeyase/status/1430074683802587140

イオン系スーパーでオイコスは購入可能で、他のツイートでは売り切れて買えなかったというケースもあるようです。
また、イオンでは自社ブランド「トップバリュー」のギリシャヨーグルトも人気があり、オイコスと値段や味で比べたり両方購入する人もいるようです。

西友は2点で買うのがお得

西友のオイコスは1個の値段はいわゆる相場に近い値段ですが、2個の購入だとお得感がありますね。
西友に行くとオイコス以外にも2点で〜円という商品を見かけることが多く、お気に入りの商品だったりするとつい購入してしまいます。

ロピアはコストコよりも安い?

ロピアは神奈川県を中心とした関東地方と奈良県、大阪府など近畿地方合わせて8都府県に展開するスーパーです。
ツイッターではケース売りでコストコよりも安い999円だった時もあったようですが、現在は少し値段が上がったようです。
それでも1個150円(税込)で売られており、コストコ以外のお店に比べれば安く購入できるようですね。

コンビニでもオイコスは入手可能

ツイートはセブンイレブンでのオイコスのプレーンを紹介していますが、オイコスは他にファミリーマートやローソンなどの大手コンビニでも入手可能です。
ただしコンビニのオイコスはコストコや他のスーパーなど比べると割高に感じてしまうかもしれません。

ドン・キホーテは賞味期限に合わせて値引き?

ドン・キホーテに売られているオイコスは賞味期限に合わせて値引きされていることがあるようです。
他のツイートによれば期限切れの近いものは100円以下で売られていることもあり、中には賞味期限が3日しかない代わりに30円+税という表記のオイコスが売られていたこと表すツイートがありました。
通常のオイコスの場合は他のスーパーと値段があまり変わらないようですが、たまたま行ったタイミングで激安のオイコスに出会える可能性はありそうですね。

業務スーパーは100円以下で購入できる?

業務スーパーでもオイコスが100円以下で売られていたというツイートがありましたが、地域によってはオイコス自体が販売されていないこともあるようです。

オイコスが売ってそうで売っていない場所

人気のための品切れ

オイコスの購入はスーパーやコンビニといったヨーグルトを取り扱う店であれば基本的に出来ます。
ただし場所や地域によって仕入れの量や種類に違いもあり、人気のために品切れになってしまうことも珍しくはないのでしょう。

物流による地域差?

自宅付近にスーパーやコンビニがあっても限られた店舗数だった場合はオイコスを常時揃えている可能性も残念ながら低くなりそうですね。
仮にオイコスがあってもすぐに売り切れになって、長い間入荷待ちになることも考えられます。

店舗数の少ないスーパー

チェーン展開の少ないスーパーや個人経営の食品類を扱うお店などで、ヨーグルトの取り扱いはあってもオイコスは売っていない場合もあるかもしれませんね。

また、不定期にオイコスを取り扱ってたまにしか見かけないということも考えられます。

オイコスは通販で買える?

地域にオイコスが買える実店舗が無い

自宅付近でオイコスを扱う店舗がどうしても見つからない場合は、選択肢として通販で取り寄せということになりそうです。

通販サイトのほとんどでオイコスの取り寄せが可能ですが、実店舗で購入するよりどうしても割高になってしまうのが残念なところかもしれません。

とはいえ確実にオイコスを入手したいのであれば通販はとても便利で、まとめ買いの場合は送料無料になるケースもありますのでオススメです。

Amazonの場合

Amazonでのオイコスは1ケース(12個)〜2ケース(24個)といった形での購入が可能で、中には1ケース(12個)の中身が「お試し2種類」という2種類の味が楽しめるものがあります。

価格相場はコストコなどの実店舗に比べて割高ですが、交通費を考えた場合逆に通販の方が安いと言えるでしょう。

楽天の場合

楽天ではオイコスが3個セットが購入可能で他にはAmazon同様「お試し2種類」などがあります。

3個セットはオイコスをコストコで購入経験した後では、このセットは手を出しづらいかもしれませんね。

Yahooショッピングの場合

オイコス3個セットはプレーンの砂糖使用と無糖の場合、楽天より若干安い時もありました。

通販で注意したいこと

Amazonの項目でもお話ししましたが通販で販売されているオイコスの中には、自宅に届いたオイコスの賞味期限が短いものもあるようです。

通販での購入の際はオイコスを販売する出品者の評価にも注目しておいた方が良いでしょう。

相場の値段より異常に安かったり高かったりするものは、なるべく避けたほうが良いかもしれませんね。

評価の高いオイコスの商品ページから購入するのがベター。

オイコス
¥3,020 (2022/11/24 07:56時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

オイコスを買う方法まとめ

今回は人気のオイコスがコストコでなぜ安いのかや、売っている場所はドンキや業務スーパー以外にもあるのかなどについてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。

  • コストコではオイコスが卸値価格
  • コストコではオイコスのバラ売りはなく、1ケース(12個)売りが基本
  • オイコスはスーパーやコンビニでも購入可能
  • オイコスのコストコ以外での実店舗売り相場は1個が150円〜160円台
  • オイコスは通販での取り寄せが可能
  • 通販でのオイコスは実店舗売りよリさらに割高
  • 通販にはオイコスの転売が紛れている場合がある

やはりオイコスの購入にあっては、コストコでのコスパは良いですね。

コストコで買い物をするためには会員年会費が必要になりますが普段の買い物もコストコをメインにしたり、定期的にまとめ買いしたいと考えているのであればリスクを感じることはほとんどないでしょう。

地域にコストコがない場合はオイコスを扱うスーパーなどで特売日をチェックしたりして、少しでも安く購入したいものですね。

交通費がかかる場合、いくらコストコといえど逆に高くなってしまいます。まとめ買いしても賞味期限が切れてしまいますしね。

そういった問題を解決するならやはり通販で購入するのが良いのではないでしょうか。

オイコス
¥3,020 (2022/11/24 07:56時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次