フライパンの蓋を代用できるもの!代わりになるものはこれ

フライパンはあるけれど専用の蓋は持ってないという人、けっこう多いんじゃないでしょうか?でもハンバーグを手作りするときや餃子を焼くときは、蓋がないと困りますよね。そんなときフライパンの蓋の代わりになるものをご紹介します。

目次

鍋の蓋でフライパンの蓋を代用

フライパン専用の蓋でなくても、家にある鍋の蓋で代用できます。素材はステンレスやアルミ、耐熱ガラスなど、鍋の蓋ならなんでもOK。大きさはフライパンと同じくらいか、またはひと回り大きいくらいが使い勝手がいいのでおすすめです。ただし大きさによって、それぞれ気をつけていただきたい点があります。

フライパンの大きさとぴったりの蓋で代用

ぴったりならいいじゃん!と思いますよね。でもあまりにもぴったりすぎてフライパンと蓋のあいだに隙間がない場合、フライパンの中が真空状態になって、蓋が取れなくなってしまう可能性もあるのです。

もしもそんな事態が起きてしまったら、フライパンの中に水分が残っていることを確認して再度弱火で加熱する、またはフライパンより大きな入れ物にお湯を張ってそこにフライパンを浸す、などの方法で解決できます。でも、どちらも手間がかかって面倒ですよね。ですので、ぴったりすぎる蓋を使うときは、はじめから蓋をほんの少しずらして置くのをおすすめします。

フライパンより大きい蓋で代用

フライパンよりひと回り大きいくらいなら問題なく使えます。むしろ、ぴったりサイズより使いやすいかもしれません。ただし大きすぎると、フライパンと蓋の重心が合わず、蓋が傾きやすくなってしまいます。ステンレスやアルミ製の蓋は熱くなるので、ひっくり返った拍子に火傷するおそれもありますので、くれぐれも蓋がずれないように注意してくださいね。

フライパンより小さい蓋で代用

フライパンより小さい蓋なら、落し蓋として使うことができます。

落し蓋とは、煮物を作るときに使う鍋よりひと回り小さい蓋のこと。落し蓋をすることで煮崩れを防いで、味を均等に沁みこませることができます。落し蓋は木製やセラミックスの素材が一般的ですが、鍋より小さくて素材の上に直接置ける素材なら、なんでもかまいません。フライパンで煮込み料理をするときは、家にある小さな鍋の蓋でじゅうぶん代用できます。

また小さい蓋でも、料理がその中にすっぽりおさまれば、普通に蓋として使えます。たとえば固焼きの目玉焼きを作りたいときは、目玉焼きにかぶさる程度の大きさの蓋でじゅうぶんです。

フライパンでフライパンの蓋を代用

フライパンの蓋は持ってないけれど、フライパンなら2つある。それなら片方のフライパンを蓋の代わりにしてみましょう。

サイズが同じフライパンなら、どちらを蓋代わりにしてもかまいませんが、サイズが違うときは、大きい方のフライパンを蓋として代用しましょう。

蓋代わりにするフライパンは、ひっくり返して上から被せてもいいですし、フライパンの底を下にして重ねても、どちらでも使えます。フライパンの底を下にして重ねるときは、食材がつぶれないかどうか確かめてくださいね。

フライパンをひっくり返して被せるときは、蓋にしたフライパンが落ちないように気をつけましょう。鍋の蓋に較べて重みがあり、また熱が伝わって熱くなっているので、落としたときは大きな事故につながる可能性もあります。取り扱いにはくれぐれも気をつけてください。

またフライパンのサイズがぴったりすぎるときは、真空状態ができないように、少しずらして使いましょう。

アルミホイルでフライパンの蓋を代用

手に入りやすく、扱いやすいアルミホイル。フライパンの蓋の代用としてもおすすめです。

使い方も簡単。アルミホイルをフライパンのサイズよりやや大きめに切って、フライパンにふわっとかけます。料理しているうちにずれそうで気になるなら、アルミホイルの四隅をフライパンの縁に沿って折り曲げてください。フライパンが大きくてアルミホイルⅠ枚では足りないときは、2枚使ってもかまいません。またアルミホイルを、鍋よりひと回り小さいサイズにたためば落し蓋としても使えます。

クッキングシートでフライパンの蓋を代用

クッキングシートも蓋の代わりとして使えます。シリコン樹脂加工がしてあるクッキングシートは、熱に強く、水や油をはじくので食材にもくっつきにくく、落し蓋としても使えます。

使うときは、まずフライパンと同じくらいの大きさに切って、フライパンからはみ出さないように、クッキングシートの四隅を内側に折り込みます。クッキングシートは熱に強いけれど、直接火にあたると燃えてしまいます。調理中も決してクッキングシートが火に触れないように注意してくださいね。

また、落し蓋として使用するときは、フライパンよりひと回り小さくなるように折りたたんで、表面に竹串などで小さな穴を数か所あけます。穴から蒸気を逃がして、シートが食材から浮き上がるのを防いでくれます。

耐熱性の皿でフライパンの蓋を代用

フライパンよりひと回り大きい皿も蓋の代わりに使用できます。そのときは必ず耐熱性であることを確認してください。耐熱性でない皿を使うと、割れてしまう可能性もあり、せっかくの料理が台無しになってしまいます。またサイズにも気をつけて。皿がフライパンの内径にすっぽり納まって、菜箸などを入れる隙間がない場合、熱くなった皿を取り外すのは大変です。当たり前ですが皿には持ち手がないので、引っ張り上げることができず、最終的にはフライパンごとひっくり返すという荒技にでなければならないことも。そうならないように、フライパンより少し大きめの皿を使うことをおすすめします。

小さめの皿は落し蓋として代用できすが、こちらも必ず耐熱性のものを使いましょう。取り外すときは菜箸を皿の下に入れて軽く傾け、鍋つかみやミトンを使って取り出します。熱いので素手では触らないでくださいね。

ステンレスのボールでフライパンの蓋を代用

家にステンレスのボールがあれば蓋の代わりにすることができます。サイズはフライパンより少し大きめのものがいいでしょう。フライパンの内径にすっぽり納まるサイズの場合、取り外すのが難しくなってしまいます…。またステンレスは熱を通しやすく、かなり高温になるので、触るときは必ず鍋つかみやミトンを使いましょう。

熱に強くて割れにくいステンレスのボールは、サイズさえあえば蓋として使えますが、プラスチック製のボールは熱に弱いので使用は避けてくださいね。

フライパンの蓋として代用してはいけないもの

フライパンの蓋の代用として使ってはいけないものがあります。蓋の代用としてふさわしくないものを使うと、火事や火傷の原因になりますので、絶対に使わないでください!

プラスチック製のもの

プラスチックには熱に弱く燃えやすい特徴があります。たとえば、プラスチック製のまな板をフライパンの蓋の代わりにすると、溶けてしまいます。食材に溶けたプラスチックがかかって食べられなくなるだけでなく、溶けたプラスチックが燃えて火事の原因になることもあります。

まな板やトレイなど、大きさだけで判断するとフライパンの蓋になりそうですが…危険なので使わないでくださいね。

ビニール製のもの

こちらもプラスチック同様、熱に弱く火に近づけてはいけないものです。キッチンにある身近なものだと、サランラップやポリ袋でしょうか。クッキングシートやアルミホイルが使えるなら、これでもいけるんじゃ?と手がのびてしまいそうですが、やめておきましょう。

キッチン用紙製品以外の紙類

キッチンペーパーやコーヒーフィルターは、フライパンの蓋ではなく落し蓋として、決して火に触れないようにすれば使えそうですが、それ以外の紙類は使わないようにしましょう。たとえば新聞紙。火に近づけると燃えて火事の原因になりますし、落し蓋として使う場合は、せっかくの料理にインクがついて不衛生になってしまいます。

フライパンの蓋の代わりになるものはこれまとめ

以上、フライパンの蓋の代わりになりそうなものを集めてみました。

フライパンの蓋の代わりになる条件は、耐熱性があること、適度な大きさがあること。キッチンにあるものでいろいろ代用できますが、いちばんのおすすめは鍋の蓋とアルミホイルです。鍋の蓋は取っ手があって持ちやすいこと、アルミホイルは扱いやすくて燃えにくいことがその理由です。それ以外の重量のあるものや取っ手のないもの、紙製のものを代用として使うときは、火事や怪我の原因になることもあるので、取り扱いにはくれぐれも注意してくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる