\ Amazonタイムセール祭り! /

パプリカパウダーの代用品/ない時の代わりになるものは?

レシピの中で一度は目にしたことのある「パプリカパウダー」。サラダなどにパプリカパウダーでひと手間を加えることで、いつもの料理が格上げされます。

今回は、パプリカパウダーの代わりとなる名品たちをご紹介します!

目次

パプリカパウダーとは?

パプリカパウダーとは、唐辛子の一種であるパプリカをパウダー状に粉砕したものです。
唐辛子と言えば辛いイメージがありますが、パプリカは辛み成分がなく食べやすいのが特徴的です。
パウダー状にしてもほんのり甘みを感じることができ、料理に旨味をプラスしてくれる香辛料です。
料理に彩りを加えるために使われることがほとんどですが、お肉の下味に使用したり他のスパイスとブレンドしたりと使い方も様々です。

パプリカパウダーの栄養・効果

料理に彩りを加えるためにも重要な役割を果たしてくれるパプリカパウダー。
しかし、栄養素を補う観点からもぜひ取り入れてほしい名品なんです。
パプリカパウダーには、ビタミンBや鉄分など、多くの栄養素が含まれています。
パプリカパウダーに含まれる栄養素の主な効果を3つ紹介します。

ダイエット効果

パプリカパウダーに含まれる栄養素に、「ビタミンB群」「鉄分」「マグネシウム」があります。
これらの栄養素は、身体の代謝を促進してくれます。
無理な食事制限や過度な運動は身体に負担をかけてしまいます。
基礎代謝を高めることで脂肪が燃焼しやすくなるので、ダイエットに非常に効果があります。

血流の改善

前述の通り、パプリカパウダーには「鉄分」が含まれています。
鉄分が不足していると、「疲れやすい」「貧血気味」「頭痛」などの症状が現れます。
その症状の原因は、血液中の酸素が隅々まで行き届いていないからです。
鉄分は血液の流れを良くする効果があるため、上記の症状でお困りの方はパプリカパウダーで手軽に鉄分を摂取すると良いでしょう。

免疫力を高める

パプリカパウダーに含まれるβカテロンという栄養素が、体の中でビタミンAという栄養素に変わります。
このビタミンAは、体内の粘膜を強くする効果があります。
体内の粘膜が病原体から身体を守ってくれる役割を担っているので、この粘膜が強くなることで上部な身体が作られていくのです。
コロナウイルスが猛威を振るっている今、免疫力を上げて自分の身体を守るためにもぜひパプリカパウダーを取り入れてみると良いでしょう。

さて、料理を彩る役割に加え、栄養分も豊富に含まれているパプリカパウダー。
そんなパプリカパウダーが家にないときの代用品について紹介していきます。

パプリカパウダーの代用品9選!

トマトパウダーで代用

パプリカパウダーと同様、真っ赤な色味の代用品です。
トマトを乾燥させて粉末状にしたパウダーで、ほんのりトマトの風味が味わえます。

使用方法はこちらもパプリカパウダーと同様で問題ありません。
パプリカパウダーと同じく辛い風味もありませんので、辛い食べ物が苦手な方や、子どもがいるご家庭でも安心して食べられますね。

チリパウダーで代用

市場でよく流通しており、どこでも手に入れやすい代用品がコレ!
見た目もパプリカパウダーと同様赤色で、見ただけでは違いは分かりません。
パプリカパウダーは主にパプリカのみを原材料に使用しているのに対して、こちらのチリパウダーは唐辛子をベースとした様々なスパイスが組み合わさって出来ています。
料理の最後に振りかけるだけで、いつもの料理と違ったスパイスを味わうことができますよ。

代用するときには、基本的にパプリカパウダーと同じ分量で代用していただくことでOK。
ただし、前述の通り様々なスパイスを組み合わせている為、辛いのが苦手な方は注意が必要です。

チリペッパーで代用

前述の「チリパウダー」と何が違うのかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
実際、どちらも香辛料を使用しているので、辛い味が好きな方におすすめです。
「チリパウダー」との違いは、原材料にあります。
前述の「チリパウダー」の大半は、唐辛子をはじめハーブやクミンなど、様々なスパイスをブレンドして作られています。
一方で今回のチリペッパーは、原材料が唐辛子のみ。日本で馴染みのある一味とよく似た味わいです。
よって、チリパウダーよりも唐辛子の辛味をしっかり感じることができ、大人な味の代用品になります。

糸唐辛子で代用

料理の仕上げに使われることの多い糸唐辛子。
名前の通り、唐辛子を細く刻んだものです。
色味がアクセントとなって料理が格段と美味しく見えますよね。
唐辛子と言えば辛い味を想像してしまいますが、糸唐辛子は辛味がないものがほとんどです。
料理の味を変えずに仕上げができるのでおすすめです。

ドライトマトで代用

名前の通り、トマトを乾燥させて作るドライトマト。
パウダー状のものに比べて見た目のインパクトもあり、色も鮮やかなので料理を彩ってくれる優れものです。
また、トマトは食物繊維を豊富に含んでおり、デトックス効果もあります。
パスタやスープ、ご飯ものなど様々なシーンで活躍してくれますよ。

ケチャップで代用

オムレツやソースなどにも使われ、何かと家庭料理で出番の多い調味料です。
ご家庭の冷蔵庫に1つは入っている、という方も多いのではないでしょうか。
こちらもパプリカパウダーの代用品に最適です。
少量加えるだけでも、料理に彩りと酸味が加わり良いアクセントになるでしょう。
ただ、味が濃いので入れすぎると料理の味を大きく変えることになってしまいますので注意が必要です。

鷹の爪で代用

ペペロンチーノや麻婆豆腐などに使用されており、私たちの身近でもよく食べられていますよね。
単体で食べるとピリッと辛さを感じますが、料理と一緒に食べることで料理の味が引き立つ優れものです。
辛いのが苦手な方は、鷹の爪を出来るだけ細かく刻んで振りかけてみるとよいでしょう。
こちらもパプリカパウダーと同様鮮やかな色で料理を彩ってくれること間違いなしです。

キムチの素で代用

自宅でキムチを作るときに使われるキムチの素。
キムチは私たちにとっても身近な存在ですので、手が出しやすいのではないでしょうか。
彩りだけでなく、お鍋や炒飯など、さまざまな料理の味付けとして使える万能な調味料でもありますので、1つ冷蔵庫にストックしておくと良いですね。

パプリカで代用

パプリカパウダーの原材料はパプリカです。
ですので、パプリカパウダーを使用するときと同様の風味を味わうことができます。
加えて、生のパプリカを使用することで食感も楽しむこともできますね。
刻み方を工夫したり、配色を工夫するなど、同じ料理でも見た目を大きく変えてくれます!

パプリカパウダーで作れるレシピ

パプリカパウダーを使ったことがないけれど、いったいどんな料理に使用できるの?と思われる方、いらっしゃいますよね。
実際にパプリカパウダーを使った身近なレシピをご紹介します!
もちろん、これまでに紹介した代用品でも代用可能ですのでぜひ試してみてください。

パエリア

世界中で人気のあるスペイン料理の1つ。
お米に野菜や鶏肉、海老やホタテなどの海鮮を加えてフライパンで炊き込む料理です。
インスタ映えする料理としても人気があり、様々なレシピサイトにレシピが掲載されています。
一見難しそうな料理に見えますが、実は手間もかからず簡単に作れる料理なんです!
料理全体の色出しに使ったり、鶏肉の下味に使ったりと、パプリカパウダーが大活躍する料理です。

ポテトサラダ

家庭でも飲食店でも多くの人に愛されているポテトサラダ。
作り方も簡単なので、チャレンジしやすいレシピです。
普段のポテトサラダの仕上げにパプリカパウダーでひと手間を加えてみましょう。
一段と旨味の効いたポテトサラダが出来上がりますよ。

オニオンスープ

全体的に茶色く暗い色になってしまうオニオンスープに、パプリカパウダーを振りかけてみましょう。
彩りも鮮やかになり、旨味や栄養も加わってより美味しくなること間違いなしです。
パプリカパウダーと一緒に粉チーズを加えるのもオススメですよ。

料理にパプリカパウダーは必要?

パプリカパウダーの代用品やレシピを紹介してきましたが、「どれも家にない!」という方もいらっしゃいますよね。
代用できるものがない場合でも、問題はありません!
パプリカパウダーは、冒頭にも記載の通り主に料理に彩りを加えるために使われることが多いので、使わなかったからといって料理の味が大幅に変化することはありません。
色合いを気にしない場合は、わざわざ買いに行く必要はありませんので安心してください。

自家製パプリカパウダーの作り方

パプリカパウダーってどこに売ってるの?と思う方もいらっしゃるかと思います。
勿論スーパーやコンビニなどでも販売していますが、粉砕機さえあればたった2つの作業で簡単にパプリカパウダーを作ることができるんです。
その2つの作業がこちらです。

  1. 刻んだ赤パプリカを乾燥させる。
  2. 粉砕機でパウダー状にする。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.刻んだパプリカを乾燥させる

パプリカを細かく刻み、晴れた日に1日外で天日干しにしておきます。
この時、干し野菜ネットなどがあるととっても便利です。
ない場合も、ざる等の通気性の良い器があれば問題ありません。
どちらも100円ショップなどで手頃に購入できます。
しっかり日光に当て、水分が抜けてカリカリに乾燥したらOKです。

2.粉砕機でパウダー状にする

水分が完全に抜けきったパプリカを粉砕機に入れ、一気にパウダー状にします。
これでパプリカパウダーの完成!
瓶などに入れて冷蔵庫で保管しましょう。

いかがでしょうか。
天日干しにして乾燥させることで、パプリカの旨味がギュッと凝縮されるため、特別な調味料をブレンドしなくても簡単に作ることができます。

パプリカパウダーがない時の代わりになるものまとめ

パプリカパウダーは彩りはもちろん、多くの栄養素が含まれているので、普段の料理を少し格上げするのに最適な調味料です。
混ぜたり振りかけたり、使い方も一通りではありません。

もし家にパプリカパウダーがない場合でも、料理にひと手間を加える代用品はたくさんあります!
みなさんのお好みでスパイスを加えてみたり、食感を楽しんだりと料理の幅を広げてみてくださいね。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる