メガネ拭きの代用品/メガネクリーナーの代わりになるものは?

日常生活に欠かせないメガネ。メガネが曇っていたり、汚れていたり、視界の妨げになっては困りますよね。すぐにレンズをクリアにしてスッキリしたい。

でも、メガネ拭きやメガネクリーナーが無い。このような時に、メガネ拭きやメガネクリーナーの代わりになるものをご紹介します。

今回紹介するメガネ拭きの代用品はあくまでも代用品です。

なので完璧にメガネ拭きの役割を果たせるわけはありません。

簡単に手に入るので今日は代用でとどめておき、次回からはしっかりと用意しておきましょう!

個別包装で持ち運びに便利

繰り返し使えて経済的

目次

メガネの汚れの原因ときれいにするお手入れ方法

最近は、日常生活で使用するメガネの他にブルーライトを軽減するメガネや、ファッションの一部としておしゃれメガネやサングラスを利用する人が増えています。
毎日の生活で無くてはならないメガネや、お気に入りのサングラスを大切に使いたいですよね。

メガネの汚れの主な原因

メガネは、レンズや鼻パット部分、フレームなどに、皮脂や汗、手垢、ほこりであったりまた、メイク汚れや整髪料が付着して短期間の使用でも意外に汚れてしまいます。

メガネのレンズに汚れが浸透してしまうと、汚れを落とすのは難しくなります。
汚れたメガネを放っておくと、視界にも影響しますし、レンズも傷付くため常にキレイにお手入れすることをお勧めします。

メガネをきれいにするお手入れ方法

メガネ全体を水道の水でよく洗い流す、もしくは容器に水を入れて、メガネ全体を浸けるのも良いです。
この場合、お湯で流したり、お湯に付けることはしてはいけません。
なぜなら、レンズは熱に弱く傷付いてしまったり、コーティング剤が剥がれてしまうからです。
また、水洗いをした後も、素早く水気を取りましょう。水に含まれる鉄分などが原因でシミが残るのを防ぐ為です。
拭き残しが無いように丁寧に拭きましょう。

メガネクリーナーを使ってきれいにお手入れ

簡単な汚れなら、水洗いできれいになりますが、より丁寧なお手入れを行う場合は水洗いの後、メガネクリーナーを利用しましょう。水だけでは取れなかった汚れもきれいに落とすことができます。

メガネクリーナーは、レンズの表と裏、フレームやメガネの細かい箇所など全体に付けましょう。
クリーナーを拭きとる際は、メガネ拭きや柔らかいキレイな布、またはテッシュを使用し、決して擦ることはせず、レンズを傷付けないようにメガネ全体を優しく丁寧に拭き取ります。

メガネ拭きの特徴とメガネクリーナーの種類

メガネ拭きの特徴

メガネ拭きの素材の多くは、マイクロファイバーです。
マイクロファイバーの特徴は、繊維が細かく分割されているため、繊維の間に隙間がたくさんあることから吸水性、速乾性に優れているので、皮脂や汗、水分を拭き取るのに最適なのです。

また、マイクロファイバーの繊維は、大変細い上に、繊維1本1本の表面が尖ったようになっているので、吸着性にも優れていることから、油膜を拭き取るのも簡単です。

ただし、マイクロファイバーは柔らかい素材でできていますので強く擦ったり、きつく磨いたりすると、レンズに傷を付けてしまいますので、強く力を入れないように注意してください。

メガネ拭きも洗って清潔にする

このように、とても優れたマイクロファイバーですが、使用後に付着してしまった汚れを落とすことを忘れずに定期的に洗いましょう。
汚れたまま使用していては、レンズの汚れも取れませんまた、汚れたクロスを使用することで、気付かないうちにレンズを傷付けてしまうからです。

汚れを落とすには、手洗いするのが良いですが、洗濯機で簡単に洗うことができます。
ただし、マイクロファイバーは熱に弱い為、お湯で洗ったり、直射日光に当てたり、乾燥機で乾かすことは止めましょう。
また、何度も洗うと生地が劣化しますので、メガネ拭きは3年程度を目安に新しいものに取り換えましょう。

メガネクリーナーの種類

メガネをはずした後、自宅でお手入れする際は、メガネクリーナーを利用してお手入れするのが良いでしょう。
メガネ拭きでは取れない汚れを取るには、クリーナーは欠かせません。

メガネクリーナーには、いろいろな種類があります。
洗浄タイプ、点液タイプ、スプレータイプ、泡状のムースタイプなどがありまた、簡単に使用できるシートタイプもあります。

クリーナーを利用すれば、メガネのレンズだけでなく、メガネの細かい部分やフレーム全体をきれいにすることができます。
しかし、傷付いているレンズには使うことはせず、またメガネの材質により使えないクリーナーもありますので、使用する前に目立たない箇所で試してから使用しましょう。

メガネ拭きの代わりになるもの

メガネに付着した汚れは放っておかず、メガネ拭きやメガネクリーナーを利用して直ぐに拭き取ることが一番良いですが、メガネ拭きやメガネクリーナーがない場合はどうすれば良いでしょう。

①テッシュペーパーやトイレットペーパーでメガネ拭きの代用

テッシュペーパーやトイレットペーパーは、メガネ拭きの代わりになります。

とても身近にあるテッシュペーパーやトイレットぺーが代用できますが、使用する際は乾拭きしてはいけません。
乾拭きすると、レンズを傷付けてしまいます。
また、メガネのレンズに息を吹きかけて、曇らせて磨くこともしてはいけません。
人の息には、酸が含まれており、酸がメガネのコーティングに悪い影響を与えます。
必ずメガネを水洗いした後に、擦ったり、磨いたりせずに水分を優しく押さえ吸収させるよう使用してください。

②紙ナプキンでメガネ拭きの代用

紙ナプキンは、メガネ拭きの代わりになります。

紙ナプキンを使用する際は、乾拭きはせずにメガネを水洗いした後、水気を吸い取るように押さえて使用します。
紙ナプキンをそのまま使用するとレンズに傷が付くので止めましょう。

③キッチンペーパーでメガネ拭きの代用

料理の際によく利用するキッチンペーパーですが、メガネ拭きの代わりになります。

キッチンペーパーは、繊維が付きにくく吸収性が良くまた、汚れも良く取れて破れにくいのが特徴です。

キッチンペーパーを使用する場合は、乾いたまま使用するとメガネを傷つけますので必ず水洗いの後に、水気を取るようにして軽く押さえて使用しましょう。

④タオルやハンカチでメガネ拭きの代用

水分を拭き取るには、タオルやハンカチと考えますが、清潔なタオルやハンカチもメガネ拭きの代わりになります。

最近では、タオルやハンカチにマイクロファイバー素材を使用したものがあったり、気付かないところでご家庭でも使用しているかもしれません。

タオルやハンカチをメガネ拭きの代用にする場合は、吸水性の良いものを選び、清潔なものを使用しましょう。
乾拭きはせずにメガネを水洗い後、擦ったりせずに優しく水気を拭き取りましょう。


⑤不織布素材のものでメガネ拭きの代用

不織布素材と言えば、まず思いつくのはマスクです。
不織布素材のものは、マスクの他には、手術用キャップ、ガーゼ、紙おむつ、掃除用のクロス、キッチンの台ふきんや排水口用のごみ取りネットなどの様々な製品があります。

不織布とは、織らない布のことです。繊維を無作為に重ねたり、一方向に絡ませたりして熱を加え接着剤で合わせて1枚のシート状になったものです。
不織布は吸水性に優れていおり、また不織布をカットしても繊維がほつれることがない為、繊維が付着しづらいのでメガネ拭きにも利用できます。

不織布を利用する際には、メガネを水洗いをし、力強く擦ったりせずに使用しましょう。
また、不織布は、耐久性に乏しいため繰り返し何度も使用することはお勧めしません。

⑥セーム革でメガネ拭きの代用

セーム革をご存知でしょうか。
セーム革とは、鹿の皮を油でなめした革のことです。
繊維は極細で、優れた吸水性があり、とても柔らかいのが特徴ですので、メガネの水分、油分、手垢汚れなどキレイに拭き取ることができます。

セーム革と聞いても、馴染みがないと思われますが、用途は広く貴金属や美術品、楽器等を磨く際に使用したり、ガラス掃除や自動車の洗車などに使われています。

メガネクリーナーの代わりになるもの

メガネの軽い汚れなら、水洗いで落とせますが、レンズについた油膜や、鼻パット部分についたメイク汚れなどは、メガネクリーナーを使ってキレイにお手入れすることをお勧めします。

メガネクリーナーを切らしてしまった時や、いつも常備しておかなくても代用できるものがあります。

ご家庭にある台所用中性洗剤を薄めて代用できます。
容器に水を入れて数滴ほど中性洗剤を入れた後、容器の中をよくかき混ぜて泡立ててからメガネを入れましょう。


中性洗剤に含まれている界面活性剤は、水と油を乳化させることから油膜や皮脂などがきれいに落ちるのです。
ただし、台所用洗剤であっても、必ず中性洗剤であることを確認してから使用しましょう。
中性洗剤以外で洗うと、コーテイング剤が剥がれてしまう恐れがあります。

皮脂や手垢を落とすなら、石鹸で洗うことも考えますが、石鹸は弱アルカリ性石鹸であったりするため、使用するのは止めましょう。

メガネ拭きとメガネクリーナーの代用品について注意点

メガネ拭きとメガネクリーナーの代用品を選ぶ際には、注意しなければならないことがあります。

アルコール分を含まないものを選ぶ

常に使用するメガネなので、除菌をして清潔に使用したいと思いますが、アルコール成分を含んだものを使用してはいけません。

メガネのレンズ、フレームの材質によりコーティングを取ってしまう場合があり、劣化を早めてしまいます。


除菌スプレー、除菌ティッシュには、アルコール成分が含まれているので使用できません、また、ウエットティッシュもアルコール成分が含んでいるものもあるので、使用の前には確認しましょう。

電子機器に使用する液晶用クリーナー

スマートホン、タブレット、パソコンや、液晶テレビなどのお手入れに利用されている方もいるでしょう。
液晶用クリーナーは、メガネのお手入れには使用できません。

メガネのレンズとスマートホン、パソコンなどの液晶画面は似ているように思いますが、レンズと液晶画面は違います。
液晶画面はメガネレンズと比べると強度が強いので、液晶用クリーナーをレンズに使用すると細かい傷が付く場合がるので止めましょう。

メガネクリーナーの代わりになるものまとめ

メガネが曇っていたり、汚れていると日常生活に支障をきたすだけでなく、自身の清潔感も損なうことにもなるので、気を付けたいものですね。

メガネ拭きやメガネクリーナーがない場合は、身近なもので代用できますが、間違った使い方をしていてはせっかくのお手入れが台無しになり、大切なメガネの劣化を早めてしまうことになります。

メガネが汚れたら、できる限り早く汚れをとることを心がけ、定期的にメガネクリーナーを利用して丁寧なお手入れをすることにより、お気に入りのメガネをより長く愛用できます。

メガネ拭きの代用品はあくまでも代用品

今回紹介したメガネ拭きの代用品はあくまでも代用品です。

なので完璧にメガネ拭きの役割を果たせるわけはありません。

簡単に手に入るので今日は代用でとどめておき、次回からはしっかりと用意しておきましょう!

個別包装で持ち運びに便利

繰り返し使えて経済的




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次