\ Amazonタイムセール祭り! /

カーテンの代用品/ない時の代わりになるものは?

カーテンは生活費必需品であり、引っ越した時まず最初に取り付ける人も多いと思います。しかし引っ越し作業中にカーテンが行方不明になることも。

そこで今回はカーテンの代用品を紹介していきます。併せてカーテンのオシャレな代用品も紹介します。

目次

緊急時にカーテンの代わりになるもの

ダンボールでカーテンの代用

新居に到着したばかりのときには、そこらじゅうにダンボールが積まれていると思います。
このダンボールをカーテンの代わりに使うことができます。

見た目はかなり悪いですが、外からの視界は遮れるため緊急的な代用品には適しています。

ダンボールには遮光性もあり、窓から入ってくる寒さを抑えてくれるメリットもあるため、実用的には優れていると言えるでしょう。

引っ越した時の代用品としては最も身近にあるものなので、「とにかくすぐ隠したい!」という人は試してみて下さい。

新聞紙でカーテンの代用

荷造りのときに割れ物類のクッション代わりとして用いられる新聞紙も、移住したときに手に入りやすいアイテムと言えるでしょう。

新聞紙を代用することで外からの視界は遮られますが、ダンボールと比べると日の光は通してしまうため注意が必要。

見た目も最悪と言えるほど悪いため、あくまでカーテンを買うまでの一時しのぎとして代用しましょう。

レジャーシートでカーテンの代用

ハイキングや登山などのアウトドアが好きな人は持っているであろうレジャーシート。
こちらもカーテンの代用として使用できます。

1人用の小さいものでも60×90㎝以上あり、大きいものになると180×180㎝を超えるものまであります。
購入する場合は、端から端までしっかり目隠しできるような大きさのものを選ぶと良いでしょう。

ブルーシートでカーテンの代用

ブルーシートもカーテンの代わりに使用することができます。

ブルーシートのメリットは、いちいち窓のサイズを測らなくても良いところでしょう。
販売されているブルーシートの主なサイズは、3.6m×5.4mや5.4m×7.2mとかなり大きいです。
一般的な窓であればスッポリと収まってしまうでしょう。

引っ越し作業はバタバタしてとても忙しいため、面倒な作業を一つでも減らしたい人にはオススメです。

ただし、見た目は相当悪いということには注意が必要。
物々しい雰囲気になるため、事故や事件の現場と勘違いされてしまうかもしれません。

シーツでカーテンの代用

ベッドのシーツを使ってカーテンを代用することもできます。

一般的な無地のシーツを使うことで、外から見てもカーテンとの違いを感じにくいでしょう。
見た目の観点から言えば、最も違和感のない代用品だと言えます。

しかし、薄い素材が使われていることもあり遮光性には期待できません。
冬場には窓から入ってくるヒンヤリとした空気も、薄手のシーツでは凌ぐことができないでしょう。

見た目が良いため、涼しい季節であれば代わりとして使ってみるのもアリかもしれません。
ただしデメリットも多いため、やはり引っ越し直後の一時的な代用に留めておくことをオススメします。

バスタオルでカーテンの代用

「とりあえずいったん隠れれば良い」という場合はバスタオルで代用しても良いでしょう。

やり方はとても簡単で、ハンガーを使ってかけるか洗濯ばさみで吊るせばOK。
切ったり貼ったりすることもないため迅速性が高いです。

ただし、外から見ると洗濯物を部屋干ししているように見えるため、見た目としてはNGです。

「これからカーテンを買いに行くけど、それまで中が見えないようにしたい」という人にオススメの代用方法です。

アルミシートでカーテンの代用

アルミシートの魅力は何といっても「断熱性」。
アルミシートには部屋の熱を外に逃がさないという特性があり、100均では防寒コーナーに陳列されているほど保温性が高い商品です。

冬場の冷気に加え、夏場でも窓からの熱気を遮ってくれるので、快適に過ごすためのアイテムとしては良いでしょう。

日光の日差しもほぼカンペキに遮ってくれるため、遮光性の問題もなさそうです。

ただし、張り付けると窓全体がシルバー一色になり、やや不格好な印象になってしまいます。。
見た目の観点から考えると、あくまで一時的なものと捉えた方が良さそうです。

洋服でカーテンの代用

見た目はかなり不格好ですが、洋服でもカーテンの代用はできます。

大きな窓が隠れるような洋服はおそらくないと思いますので、何枚も使って目隠しすることになります。

ハンガーで吊るすだけなので簡便性が高いのはメリットですが、服を干しているような見た目であるため、応急的な使用に留めておくことをオススメします。

毛布でカーテンの代用

毛布でもカーテンの代用としてして使用できます。

毛布は綿やポリエステルの繊維でできており、空気を通しにくく熱が逃げにくい特性があります。

保湿性に優れているため、冬場や春先の代用に向いています。

ストールでカーテンの代用

冬の寒い時期に活躍するストール。
こちらもカーテンの代わりとして使うことができます。

ファッションに関わる代用品なので様々なデザインのものがあり、見た目はバッチリです。

デメリットとして、一般的なストールは60㎝×180㎝と細長いサイズ感であるため、1枚で窓全体を覆うのは難しいかもしれません。

シャワーカーテンでカーテンの代用

シャワーカーテンをカーテンの代わりとして使用することも可能です。

一番のメリットは100均で購入できる安さと手軽さでしょう。

一般的なシャワーカーテンのサイズは長さ180~200㎝、幅120~180㎝と通常のカーテンに近いサイズ感となっています。

最近ではおしゃれなデザインものがも増えてきているため、見た目も不自然にはなりません。
シャワーカーテンに付属しているリングをカーテンレールに繋げれば開閉もラクチンです。

強いてデメリットを挙げるとすれば、ものによっては遮光性の低いシャワーカーテンがあることです。
気になる人は、購入の際に遮光機能をしっかり確認するようにしましょう。

手軽に安価で買えるため、「忙しくてゆっくりカーテンを選んでいる暇がない」という人は、シャワーカーテンで代用してみてはいかがでしょうか。

遮光ネットでカーテンの代用

主に農業のハウスで使われる遮光ネット。
こちらもカーテンの代用として使用できます。

その名の通り遮光性には優れており、日光の光を遮断したり、熱を防いだりする効果があります。

夏の暑い日差しから部屋を守ることができ、日傘のような役割をしてくれます。

色はシンプルな白や黒が一般的で、最近ではカーテンタイプの遮光ネットも販売されています。

夏場に新居に引っ越した方は、カーテンの代わりに遮光ネットを設置することで、ヒンヤリ過ごしやすい空間を作ることができるでしょう。

プチプチ(気泡緩衝材)でカーテンの代用

カラス製品の商品保護などに使われるプチプチですが、なんとかカーテンの代用が可能です。

プチプチを代用することの最大のメリットは、断熱性に優れている点と言えるでしょう。
エアコン代節約のためにカーテンと併用している人も多くいるほど、プチプチの断熱能力は高いです。

ただしプチプチだけでは目隠し効果がやや低く、うっすらと外から見えてしまうため注意が必要。
遮光性も全くないため、あくまでもごく短期間の代用目的で使用してください。

オシャレなカーテン代用品

蚊帳(かや)

「蚊帳」とは、寝室の上からぶら下げて蚊などの虫が入ってこないようにするための道具です。

一昔前までは家屋で使われていましたが、最近ではキャンプなどのアウトドアで使う人がほとんどです。

薄い網目状の蚊帳をカーテンの代わりに使うことで、オシャレかつ涼しげなスタイルを演出します。

ただし遮光性や断熱性はないことには注意が必要です。
状況に応じて遮光機能の高いカーテンと使い分けると良いでしょう。

すだれ

涼やかなアイテムとして定番の「すだれ」。
こちらもカーテンの代用としてオシャレに決めてくれます。

すだれを掛けているだけで真夏の暑さも和らぐことでしょう。

目隠し効果としてはイマイチであるため、普通のカーテンと併用しても良いかもしれません。

タペストリー

絵や模様が描かれている壁掛けであるタペストリーも、カーテンの代わりとして使用できます。

デザインやサイズは千差万別であるため、自分の趣味趣向に合わせて選べることがメリットと言えるでしょう。

「部屋を自分色に染めたい!」という人は試してみても良いかもしれません。

よこ型ブラインド

会社や施設などでよく見かけるブラインド。
こちらもカーテンの代わりとして自宅の窓に設置すれば、一味ちがった雰囲気になります。

ブラインドのメリットとして、羽を動かすことで日光の明るさを調整することができることです。

また、ブラインドが必要ないときは上部に上げておくことができるので、状況に合わせて自由に調節することができます。

たて型ブラインド

よこ型に比べるとあまり馴染みがないかもしれませんが、たて型ブラインドもシックで大人びた雰囲気のある代用品です。

よこ型と同じく日の光を調節することができます。

ロールスクリーン

布を上げ下げして使用するロールスクリーンも、カーテンの代わりに使うことでオシャレ度がアップします。

スッと真っすぐな形状なので、シンプルでスタイリッシュな雰囲気を醸し出します。

上げ下げするだけのカンタン操作で日光の明るさを調節できるのが良い点です。

ただしロールスクリーンを上部に収納した際の防犯性は高くないので、目隠し代わりとして薄手の生地を併せて使うことをオススメします。

のれん

のれんも最近はオシャレなデザインが多いため、カーテンの代わりに使うことで部屋の雰囲気が変わることでしょう。

つっぱり棒に通すことで開閉もスムーズに行えるので、併せて購入することをオススメします。

モノによっては遮光性が低いので注意が必要です。

カーテンの代用品が見つかるお店

100均

  • 新聞紙
  • レジャーシート
  • アルミシート
  • ダンボール
  • バスタオル
  • すだれ
  • シャワーカーテン
  • プチプチ
  • のれん

ホームセンター

  • ブルーシート
  • シーツ
  • 遮光ネット
  • 蚊帳
  • ブラインド
  • ロールスクリーン

衣料品店

  • 毛布
  • 洋服
  • ストール

まとめ

緊急時にカーテンの代わりになるもの

  • 身の回りに代わりになるものがあるか探してみる
  • 見た目が悪いので一時しのぎとして使う
  • 遮光性、断熱性、簡便性などを考慮する

オシャレなカーテン代用品

  • 普通のカーテンとは一味ちがった雰囲気を楽しめる
  • モノによっては遮光性や断熱性などの機能面に欠ける
  • カーテンなどと併用することで機能面をカバーできる




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる