\ Amazonタイムセール祭り! /

ワセリンの代用品/ない時の代わりはオロナインやホホバオイル?

肌の保湿に欠かせないワセリン。原油を原料としていて高純度で生成されています。純度によって種類があり、肌に使用できるのは純度の高いプロペト、サンホワイト、白ワセリンです。ワセリンは肌を保護し刺激物から守ります。ここではワセリンの代用品を紹介します。

目次

ワセリンの効果

まずワセリンの効果についてお話します。

ワセリンの成分


冒頭で紹介したように、ワセリンは原油を原料としています。原油と聞くと身体によくないのでは?と思われるかもしれませんが、ワセリンは原油から不純物を取り除いて生成されていますので心配ありません。純度の低い黄色ワセリンは直接肌に使用できませんので医療用に認可されていません。上記の純度の高い白ワセリン以上のものが医療用として販売されています。

ワセリンの効果

保湿剤としてお馴染みのワセリン。ですが実は保湿成分や栄養は入っていません。ワセリンの効果は肌を保護する事です。肌に保護膜を作り、水分の蒸発を防いだり、ほこりなどの刺激から守ってくれるのがワセリンの効果です。なので化粧水などで水分を補ってから塗るのが良いでしょう。また下着かぶれや靴擦れを起こす場所に塗っておくと肌をかぶれや靴擦れを防いでくれます。花粉の季節には鼻の周りに塗ると花粉の侵入を防ぐ効果も。
ワセリンは質感は固めですが温度が上がると柔らかくなるので、手に取って温めてあげると使いやすい固さになります。掌に使う分だけ取って温めて馴染ませから塗りましょう。

ワセリンと間違いやすいもの

ドラッグストアなどでヴァセリンというのをよく見かけると思いますが、こちらはユニ・リーバの商品でワセリンとは別物です。中身は純度の低い黄色ワセリンです。比較的安価で売られていますが、医療用ではなく化粧品として販売されているものです。間違えないようにしましょう。

ワセリンの代わりになるもの

はちみつでワセリンの代用

保湿効果が高いはちみつはワセリンの代用品になります。はちみつには栄養素として保湿を促すアミノ酸が含まれていて乾燥を防ぐナイアシンなども含んでいます。ですがご存じのようにはちみつはベタベタとしていて直接肌に使用すると肌もベタベタになってしまいます。ですからはちみつを使うのは唇が良いでしょう。唇が乾燥している時にはちみつを塗ってラップで覆い5分から10分ほどパックします。ラップが水分の蒸発を防いではちみつの栄養素の浸透を促してくれます。
乾燥しすぎて唇が割れてしまったり出血している時は菌の繁殖につながるので使用しないでください。

またはちみつにはボツリヌス菌が含まれるため、1歳未満の乳児には使用できませんので気を付けてください。

ベビーオイルでワセリンの代用

ベビーオイルもワセリンの代用品になります。赤ちゃんの肌にも使える低刺激なオイルです。オイルですがべた付きはあまりありません。ワセリンと同じで肌を保護してくれますがオイル自体には保湿効果はありません。ベビーオイルは肌の表面に膜を張って保護をしてくれますが、肌内部には浸透しないので内部の保湿をしてくれないのです。ですが肌を保護して水分の蒸発を防いではくれるので、化粧水などで水分を補うかお風呂あがりなどに塗ると良いでしょう。お風呂で体を濡らしてからベビーオイルを塗って入浴するとお風呂上りに肌がしっとりします。ベビーオイルはドラッグストアなどで手に入りやすいのも使いやすさの一つです。

ニベアでワセリンの代用

青い缶でおなじみのニベアでもワセリンの代用品になります。元々はドイツの化粧品ブランドですが、花王と合弁会社を作り、ニベア花王が製造販売しています。
ニベアにはワセリンの成分が配合されていますが、スクワランやホホバオイルなど肌に潤いを与えてくれる成分も配合されているので保湿と保護の両方の利点があります。またニベアもドラッグストアなどで手に入りやすく、価格も安価なので使いやすい代用品です。常備されている方も多いかもしれません。
ニベアではハンドクリームやリップクリームなど色々な種類の製品を販売していますが、缶入りの物はワセリンと同様に質感が固めなのでこちらも手に取って肌で少し温めてあげると柔らかくなって塗りやすくなります。
ニベアでパックするのもお勧めです。うっすらと白くなるぐらいに顔に伸ばし、そのまま蒸しタオルやラップで10から15分おいてお湯で流すだけ。その後でもう一度軽くニベアを塗るとお肌がしっとりします。

シアバターでワセリンの代用

あまり馴染みがないかもしれませんが、シアバターというのもワセリンの代用品になります。シアの木の実の種子から抽出した天然の植物油脂です。産出国であるアフリカ地方では民間療法としてやけどや筋肉痛に使ったり、赤ちゃんの肌に塗って紫外線から肌を守ったりしています。強い保湿力を持っていて、ヒトの皮脂とよく似た性質を持っているため、肌になじみが良く保湿だけでなく油脂の成分が肌や髪を乾燥から保護してくれます。そのため顔や身体だけでなくヘアケアや爪のお手入れにも人気です。
シアバターの質感ははワセリンと同様に少し固めで、手で温めてあげるととても滑らかなクリーム状になって肌に馴染みやすくなります。
メーカーによっては塗りやすく配合したボディーミルクやリップクリームなども販売されています。

ホホバオイルでワセリンの代用

ホホバオイルはメキシコ原産のホホバという植物の種子から抽出される植物油です。主成分は人間の皮脂に近いワックスエステルという成分で、ビタミンやミネラルなどが含まれています。豊富な栄養素を含んでいるので全ての肌質に合うと言われていて、人工心臓の潤滑油にも使われるほどです。敏感肌の方にも使用出来る程低刺激で、マッサージ用のオイルとしても使われています。保湿効果が高く、美容効果も高いです。抗酸化作用もあると言われていてアンチエイジング効果も期待できます。べたつきが無く匂いもあまりしないので肌だけでなくヘアケアにもお勧めのオイルです。また頭皮のケアにも効果的です。前述のようにホホバオイルは人間の皮脂に近い成分を持つので毛穴に詰まった汚れを浮かして除去してくれるからです。

オロナインでワセリンの代用

オロナインは大塚製薬が発売している「皮膚疾患外相治療剤」というものです。ラインナップも瓶のものからチューブ入りのものまで大きさも色々選べます。オロナインはクロルヘキシジングルコン酸という殺菌効果に優れた成分が配合されていて患部をケアします。効能としてはニキビや軽いやけど、擦り傷など。防腐剤やステロイドは含まれていません。年齢制限は基本的にはないのですが、説明書きをよく読んで心配なようなら医師に相談しましょう。特にやけどに関しては乳児の場合皮膚が弱いので軽いものでも受診しましょう。
またオロナインもワセリンと同様に鼻の周りに塗ることで花粉を防ぐ役割をしてくれます。


オロナインは肌トラブルがあった時に効能をよく読んで使いましょう。

まとめ

ワセリンの代用品をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。それぞれに特徴があり成分や役割も様々です。選ぶときは入手しやすさ、使い勝手の良さ、価格、成分(アレルギーがないかどうか)等を考慮して使いやすいものを選んでください。
また乾燥がひどい時、ひび割れて出血してしまっている時などはワセリンやその他の代用品を使用せずに皮膚科に相談するようにしましょう。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる