敷き藁の代用品/代わりは新聞紙でいい?100均で手に入るものは?

スイカなど野菜の栽培に欠かせない敷き藁ですが、なかなか簡単に手に入るものではありません。

通販サイトやホームセンターでも販売されていますが、価格が高いという声もあります。

今回は初めて野菜を育てる方でも安心。敷き藁の代用品を紹介していきます。

目次

敷き藁の役割

稲や麦の茎を乾燥させたものである。古くから日本人の生活を支えてきました。

藁というものは稲作において生まれる副産物であり、乾燥させることで腐りにくくなり、保存がしやすくなります。十分に強度があることも特徴です。

そのため古代~江戸時代では、布団のように敷いて寝るために使われたり緩衝材・断熱材としての使用もされてきました。

燃料や工芸品、家畜の餌として肥料にも使われるなど、様々な使い道で私たちの生活を支えてきてくれました。

なぜ敷き藁が必要?

藁がとても万能なものであると説明しましたが、野菜を作る時の敷き藁としてはどんな役割があるのでしょうか。

例えばすいか栽培ですと、苗を植えた後つるが伸び始めた段階で写真のように藁を敷いてあげます。

これには以下のような効果があります。

病気の予防

土の中には、野菜が病気になる原因である菌が含まれています。水やりや雨などにより跳ね返った泥がすいかに付着してしまうと、病気になってしまう可能性が高まります。そのため藁を敷くことで、泥の跳ね返りや地面の土が葉などに直接触れるのを防ぐことができ、病気の予防につながります。

乾燥と過湿の予防

水やりや雨によって土に水分が与えられたとしても、いずれ蒸発し乾いてしまいます。敷き藁はその蒸発を抑えてくれるため乾燥の予防につながります。逆に雨水が余分に入るのも抑えてくれるため、湿度が高くなりすぎるのも防ぐことができます。ちょうどいい湿度に保ってくれる効果があるのです。

雑草の予防

雑草というものは日光、適温、空気、水の条件が揃った時に生えてきます。夏に雑草がすぐ伸びてしまうのも、日射量が多いためです。敷き藁は日光を遮断するので、雑草が生えてくるのを防いでくれます。

温度のコントロール

直射日光の遮断は、地面の温度の上昇も防いでくれます。また敷き藁を敷くと地面と藁との間に空気の層を作ることができます。空気というものは断熱の効果があるので、地面の温度がは上がりすぎません。このように敷き藁は、地面の温度が上がりすぎないようなコントロールもしてくれます。

土の活性化

藁には有機物が含まれています。有機物というのは、土の中にいる微生物の活発な働きを促します。微生物の働きが活発になると、土が良質になります。「ミミズがいると良い土」という話を聞いたことがあるでしょうか。ミミズは有機物をエサとしており、有機物を食べたミミズの糞はさらに土の肥料にもなるという好循環をもたらしているからです。敷き藁には良質な土壌になるのを促す効果もあるのです。

実の保護

藁が緩衝材としても使用されるように、敷き藁を敷くことで物理的に守るクッション的な役割もしてくれます。実が土に直接触れていると、身が汚れてしまう、傷みやすくなってしまうという心配もあります。敷き藁を敷けばそれらも防いでくれます。

敷き藁はどこで手に入る?

敷き藁が野菜栽培で欠かせない存在だということが分かってきました。ではそんな敷き藁はどこで手にすることができるのでしょうか。

自分でお米や麦を作っている方なら副産物的に藁が手に入りますが、そうでない方はホームセンターや通販サイト等で購入する必要があります。

藁が非常に万能で様々な役割があると紹介したように、お米を作っている方にとっても重宝するものです。譲ってもらうという方法はよほど親しい人でない限り難しいでしょう。

国産のものですと10kgで6500円ほど。安いものだと通販サイトに830gで500円ほどの敷き藁が販売されていますが、栽培する面積が広い場合はその分購入しないといけません。

そのためこのように、高いと感じる方もおられるようです。

それでは、そんな方でも大丈夫。敷き藁の代わりになるものを紹介していきます。

敷き藁の代わりになるもの

①マルチシートで敷き藁を代用

写真のようなシートを見たことがある方も多いでしょう。マルチシートと呼ばれる、畝を覆うために用いるシートのことです。

ビニール製のものと不織布製のものがあり、100均でも購入することができます。ビニール製だと1m×2m、不織布製だと2m×5mのものが売られています。もちろん数十メートル単位で売られているものもあるので、栽培の面積に合わせて購入することができます。家庭菜園でも100均のものを使えば、費用を抑えられますね。

黒色のものは日光を遮断してくれるので、雑草が生えてくるのを防ぐことができます。透明のものは逆に日光をよく通すため雑草防止効果はありませんが、地面の温度を上げてくるので冬などに適しています。

ビニール製のものは滑りやすいためつるが絡みづらいですが、不織布のものは絡みやすくなるため、よりつるの成長を促してくれます。

このように素材や色によって効果が異なります。

マルチシートを使用する際は、風で飛ばされないように重りの石を置いたり、ピンで固定するなどしてください。

また敷き藁は苗を植えた後つるが成長してきた段階で敷くと紹介しましたが、マルチシートを使う場合はまず畝にシートを被せた後、穴をあけて苗を植えるようにしてください。

②スダレやヨシズで敷き藁を代用

もしご家庭に使わなくなったスダレやヨシズがあるなら、敷き藁の代用として使用することができます。

スダレやヨシズには、有機物による土の活性化こそありませんが、敷き藁とほぼ同じような役割をしてくれます。本来日光を妨げるものなので、敷き藁のように日の光から土を守るのに適しています。

通気性があるため土の温度が上がるのも防いでくれます。逆に寒い季節に土の温度を上げたい時には適していないので注意してください。

またスダレやヨシズは藁のようにバラバラではなく1枚にまとまっているので、風で飛ばされる心配もいりません。

しかしスダレやヨシズを新しく買うとなると安くはないため、いらなくなったものがあるという場合におすすめの方法です。

③新聞紙で敷き藁を代用

新聞紙のインクは大豆インキといい、植物性で環境にやさしいものです。

ジョウロで濡らしながら、土とくっつけるように新聞紙を覆いかぶせ、穴をあけて苗を植えます。マルチシートのような使い方をします。

葉や実が土と触れることを防いでくれるので病気予防にもなり、保湿性や遮光による雑草の予防など十分に敷き藁の代用にふさわしいのです。

「新聞マルチ」して実際に使用している方も少なくありません。

捨てるだけの古新聞紙の利用は、コスト削減という意味でも大きな存在ですね。

④もみ殻で敷き藁を代用

もみ殻とは、米の外側にある皮のことをいいます。

もみ殻はホームセンター等で比較的安価で手に入れることができますが、JAやコイン精米機でなどで無料でもらうことも可能です。

敷き藁の代用として使うことで、保温や保湿、雑草の予防に効果があります。

またもみ殻にはケイ酸という物質が含まれており、このケイ酸は野菜の葉や茎を丈夫にしてくれる効果もありますが、もみ殻自体には栄養は含まれていないため、土の活性化や肥料としての効果があまり期待できません。

⑤ウッドチップで敷き藁を代用

こちらもホームセンターで手に入るウッドチップ。園芸が趣味の方にとっては馴染みのあるものかもしれません。

ウッドチップをまくことで空気の層が作られ、敷き藁と同じような温度調節の役割を担うことができます。日光も遮断できるので、雑草予防としての効果も期待できます。

材質が木ということもあり、使用後は放置しても自然に還るという点が扱いやすいポイントです。

防虫効果のあるウッドチップも存在するので、虫が寄ってくるのを防ぐこともできます。

⑥落ち葉で敷き藁を代用

枯れた葉をかき集めることで無料で手にすることができる落ち葉。

日光の遮断や、土の保温、保湿など敷き藁の代用として十分ですが、何よりも期待できるのは微生物による土壌の活性化です。

苗を完全に覆えるわけではないので、マルチシートに比べると雑草は生えやすいですが、ある程度は防ぐことは可能です。

庭の清掃によって落ち葉が大量に出たとしたら、無料で敷き藁の代用にもなり、自然農園らしい野菜にもなり一石二鳥です。

⑦腐葉土で敷き藁を代用

落ち葉が腐ったものである腐葉土も、保温・保湿効果や泥の跳ね返り防止効果があり敷き藁の代用になります。

先ほど紹介した落ち葉と同じように、土壌活性化に大きな期待ができるものです。

ホームセンターなどで購入することができますが、決して安いものではないので自宅で作るのがおすすめです。

腐葉土の作り方

  1. かき集めた落ち葉に水と米ぬかをかけてよく混ぜます。
  2. 空気を通すための穴を空けたビニール袋やバケツに落ち葉を入れます。
  3. ふたをして日当たりのいい場所に放置します。
  4. 乾いていたら水をいれ、1週間に1度よく揉みこみます。
  5. これを繰り返し2~3か月程経ち、色が黒くなったら完成です。

⑧イネ科の雑草で敷き藁を代用

稲の茎を乾燥せたものである藁。同じようなイネ科の雑草だったら無料で手に入る代用品になります。

イネ科の雑草には以下のようなものがあります。

  • ススキ
  • メヒシバ
  • カヤ
  • スズメノカタビラ
  • 「ねこじゃらし」でおなじみエノコログサ  など

こられの雑草を乾燥させることで敷き藁の代用とすることができます。種が付いていると新たに雑草が生えてきてしまうので、茎の部分を使用するようにしましょう。

⑨ワラのかわりシートで敷き藁を代用

敷き藁の代わりとして市販されている商品を使うという方法もあります。

1m×10mが1600円ほど、1m×20mが2500円ほどで売られています。

泥の跳ね返りや乾燥を防いでくれ、アブラムシなどの害虫を寄せ付けない効果もあります。

藁と違ってポリエチレン製なので、水を吸い込まず腐るという心配がないのが特徴です。

⑩空中栽培で解決

スイカやメロンなどの栽培では敷き藁を使った方法が一般的ですが、空中栽培という手段もあります。

苗の近くに支柱を組み立て、絡ませてつるが上に向かって成長させるようにします。

支柱は100均でも揃えられます。

空中栽培のメリットとしては、少ないスペースで栽培が可能な点です。逆にデメリットとしては水分や栄養が含まれている土の面積が狭くなるので、水や肥料を与える回数を多くする必要がある点です。

敷き藁の代わりまとめ

いかがだったでしょうか。今回は敷き藁の代用品を紹介してきました。

野菜を作る上で欠かせない敷き藁。

すべての効果を満たす代用品はなかなか難しいですが、作る時期や野菜の種類によって目的別に代用できるものがあります。

参考にしていただければと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる