モンキーレンチ/六角レンチの代用品!サイズが合わない時に代わりになるものまとめ

六角レンチ、モンキーレンチは共に、バイクや自転車の整備、家具の組み立ての際にお世話になることが多いですよね。どちらも個性的な形をしているので、無いときに代用品を探すのは簡単ではないと思います。今回はそんな二つの道具の代用品をまとめて紹介します!

目次

六角レンチの代わりになるもの

六角レンチとは簡単に表すと、六角柱をL字型に曲げた金属の棒状の工具です!

まずはそんな六角レンチが無いときの代用品について見ていきましょう!

六角ボルト(+α)で六角レンチを代用

六角ボルトの頭の部分、六角形ですよね!

六角レンチがないときは、この部分をネジ穴にはめることで、代用品として使うことができます。

ただ、ボルト単体ではなく、いくつかプラスでアイテムがあると、より代用品として利用しやすくなるんです。

ナット

ボルトだけでも代用品として使用することはできますが、回すときに持ち手があるともっと作業がしやすいです。

ナットはボルトの下側の先端に取り付けることで持ち手になってくれるので便利です。

輪ゴム

輪ゴムは、ボルトのサイズがネジ穴よりも小さい時に、微調整用のアイテムとして活躍してくれます。

必要な厚みになるまでボルトに巻き付けてしまえば、ぴったりのサイズでネジを回すことが可能です。

またゴムは性質上滑り止めの効果もあるので、ボルトを滑らせることなく回せて便利です。

ボルトはあったけど、持ち手になってくれるナットが無い!というときには、手近にある布を使えば少しボルトが使いやすくなると思います。

ボルトを回す際の持ち手の部分を、素手ではなく布をかぶせた状態にすることで、回す際に力を入れやすくすることができます。

布というのはハンカチや衣類など、手近にある布製のものなら何でも大丈夫です!

マイナスドライバーで六角レンチを代用

六角レンチはないけど、マイナスドライバーなら持っているという方は多いのではないでしょうか。

マイナスドライバーの先端をネジ穴部分にはめて、代用品として使用することができます。

マイナスドライバーは、持ち手の部分がしっかりしているので、回す際に力を入れて作業しやすいのでおすすめです!

ただし、先端が太めのドライバーを使うと、六角のネジ穴が欠けたり、変形したりしてしまう恐れがあります。

作業をしていてこのような危険が生じる可能性があると感じた場合は、無理に続行せず、他の方法を試すようにしましょう。

小さめのノミで六角レンチを代用

もちろんこれはぴょんぴょん跳びまわるノミではありませんよ。

木や石の彫刻に使われる工具のほうです。

趣味でDIYをする方などは特に、普段から使用する機会があると思います。

ノミの先端の部分を使えば、六角レンチの代わりをしてくれます。

上で紹介したマイナスドライバーと原理は同じで、先端の両端を6角の穴の2点に合わせてはめ込む形にして、回します。

細かい部分に使う、小さめのノミがあれば、ネジ穴に入りやすいので重宝します。

注意点としては、サイズの合わないのみを無理に使おうとすると、先端が欠けてしまう恐れがあるので、できるだけネジ穴に対してサイズのあったものを使うようにしましょう。

結束バンドで六角レンチを代用

配線コードや充電ケーブルを束ねたり、DIYでワイヤーネットと組み合わせて使ったりと、何かと使う機会のある結束バンド。

これも六角レンチの代用品になるんです。

使い方は六角ネジの側面に結束バンドを巻き付けて、堅く締め、余ったバンドの部分を引っ張るだけで簡単です!

上記で紹介した代用品のボルトの場合と同様に、輪ゴムを使えば滑り止めになって、回しやすくなります。

また、こちらの結束バンドを用いた代用法は、ボルトを回す際にも活用できるので、モンキーレンチの代わりとしても役に立ちます!

100円で手に入れる

実は六角レンチは百均で購入することができるようです。

調べてみると、大体6~10本セットで販売されていました。

幅広いサイズ展開の六角レンチがワンコインで手に入るのであれば、コスパがいいですよね!

お金はかかりますが、もっとも安全で確実なので100均に頼っちゃうのもアリですね!

その場限りではなく、今後も六角レンチを使う機会がありそうな場合には、尚更おすすめです。

モンキーレンチの代わりになるもの

モンキーレンチは一言でいうとボルトをつかむ部分の幅を調整することでいろんなサイズのボルトやナットに対応することが可能な工具です。

調べてみると、身近にある意外なものまで代用品になることが分かりました。

結構あるので一気に見ていきましょう!

ネジ+ナットでモンキーレンチを代用

手元に余ったネジとナットがあれば、モンキーレンチがなくても簡単にボルトを外すことができます。

手順は以下の通りです。

初めに、ネジにナットをはめる。

次に、外したいボルトの頭の幅に合わせてナットを調整する。

あとはネジの余った部分を持ち手にして、くるくる回すだけでボルトを外せます!

また、軍手があればネジを持って回すときに滑りにくくなり、指の痛さも軽減できるので、持っていると便利です。

この方法は、どんなサイズのボルトでも対応することができるのでぜひ試してみてください!

参考動画を載せておくので、こちらもよければご覧ください。

ダクトテープでモンキーレンチを代用

ダクトテープってイメージつきづらいかもしれませんが、ガムテープの粘着力マシマシ版って感じです。

ガムテープのように細かく裂くことができます。

六角ネジの側面の幅ほどに裂いたダクトテープを何十かに巻き付け、余ったテープの部分で引っ張れば、ネジを回すことができます。

強い粘着力なので、しっかりネジに密着してくれます。

ダクトテープの方が重ね張りに向いているのでおすすめですが、ガムテープでも同じ方法で代用できます。

ペンチでモンキーレンチを代用

ペンチは固く締まったボルトを回すのにぴったりの代用品です。

方法はいたって単純。

そう。挟むんです。ボルトごとがっちり挟んで、そのまま力強く回してしまいましょう。

ペンチの挟む力はとても強いので、比較的簡単にボルトを回すことができると思います。

使い方次第で六角レンチの代用品にも!

また、使い方は異なりますが、ペンチは六角レンチの代用品にもなる場合があるのでご紹介します。

方法は単純です。六角ネジのネジ穴とネジのふちをレンチで挟んで回します。

ネジ穴は幅が狭いので、サイズの小さいペンチが作業しやすくおすすめです。

ただし、ペンチで挟んだネジ穴部分などが変形してしまう恐れがあるので、どうしても今すぐネジを回さないといけないという際の切り札として使用するのがいいかも知れません。

一つあるだけでモンキーレンチと六角レンチの代わりになる!ペンチはそんな一石二鳥の代用品です。

コイン二枚でモンキーレンチを代用

シンプルすぎて驚くかもしれませんが、コイン2枚だけでモンキーレンチの代用品になります。

手順を簡単に説明します。

まず、人差し指と中指、中指と薬指の第2関節のあたりに、それぞれコインを挟んだ状態にします。

このとき、手は握った形にしておいてください。

次に指で挟まれた2枚のコインの間に、ボルトの頭をはめ込みます。

あとは全力でネジを回せば、外すことが可能です。

コイン2枚であれば、他の代用品と比べ、どんな状況でも近くにあることがほとんどだと思うのでおすすめできます。

ただ、こちらはかなり力の要る方法なので、今すぐ代用品が必要なときの最終手段的ポジションです。

モンキー/六角レンチのサイズが合わない時に代わりになるものまとめ

六角レンチ、モンキーレンチの代用品たち。探してみると、身の回りにこんなにもあって驚きです。

レンチ類は、普段そこまで頻繁に使う道具ではありません。

でも、いざ必要になったときには、手元に無いと死活問題だったりしますよね。

今回はそんなときに助けてくれるアイテムや、それらを組み合わせた裏技を一気に紹介しました。

この記事を読んでくださったみなさん、簡単にできる方法ばかりなので、困ったときは是非試してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる