霧吹きの代用品!霧吹きの代わりになるものまとめ

霧吹きが家になくて困ったことはありませんか?頻度は多くないけれど、意外な場面で必要になる霧吹き。ここではパンやシュークリームを家で手作りするときに必要な霧吹きを例にして、どんなものが代わりになるかご紹介します。

目次

ストローで霧吹きを代用

まずストローの3分の1あたりに横から切れ込みを入れます。ストローを切り落とさないように気をつけてくださいね。次に切れ目を入れた方を外側にして、90度に折り曲げます。そしてストローの短い方を水を入れたコップにさし、長い方から勢いよく息を吹き入れます。すると、切り目から、まさに霧吹きでふいたような霧状の水が噴き出します!ただし、かなり強く吹かないと水がでてこないので、肺活量に自信のある方におすすめします。

手をつかって霧吹きを代用

いちばん手軽な方法ではないでしょうか。手をよく洗い、指先を水にひたしてパンやシュークリームの生地の上でパッパと指をはじくだけ。生地の表面を、水にひたした指先でやさしくなでるのもいいでしょう。道具を使わない手軽は方法ですが、水分がまばらにつくと焼きむらの原因になるので、均等にいきわたるようにしましょう。

キッチンペーパーで霧吹きを代用

こちらも家の中にあるもので代用できます。キッチンペーパーを名刺くらいの大きさに折りたたんで、全体を水に浸したら、軽くしぼってパンやシュークリームの生地の表面をなぞります。適度に柔らかく、繊維が出にくいものであればOKなので、キッチンペーパーがない場合はコーヒーフィルターを何枚か重ねて使ってみてもいいかもしれせん。ちなみに布巾やティッシュペーパーは、繊維が生地についてしまう可能性があるのでおすすめしません。

また生春巻きなどに使う、ライスペーパーを柔らかするときにも、この濡らしたキッチンペーパーが使えます。ライスペーパーを直接水に浸して柔らかくする方法もありますが、水分を吸いすぎてグニャグニャになり、扱いずらい…という声もちらほら。湿らせたキッチンペーパーの上にライスペーパーをしばらく置いておけば、ちょうどいい硬さになって具材が巻きやすくなります。

ハケで霧吹きを代用

家に料理用のハケがある場合、霧吹きの代用として使えます。ハケを軽く水にひたして、パンやシュークリームの生地の表面をなぞります。毛の硬いハケだと、生地の表面にハケの跡が残ってしまい、やはり焼きむらの原因になるので、柔らかい毛のハケを使ってください。

水蒸気を発生させて霧吹きを代用

耐熱容器に水を入れて、生地を焼く天板にのせる方法もあります。天板の真ん中に耐熱容器をおいて、そのまわりに生地をならべます。すると耐熱容器の水が水蒸気になって生地の表面につき、霧吹きでふいたときと同じ効果がえられます。

ただし耐熱容器に入れる水の量には注意してくださいね。吹きこぼれて生地がベタベタにならないように、水は容器の半分くらいまでにしましょう。

【補足】家にある霧吹きで代用

家にある霧吹きを料理用として代用する手もあります。ただし、いつ、何のために買ったかがわかっていること、水しか入れていないこと、清潔であることが必須です。

買ってから長いあいだ放置してあったものや、薬品や化粧品、アルコールを入れていたものは避けてくださいね。

代用品を使うときの注意点

ここまでパンやシュークリームを焼くときに霧吹きの代わりになるものを紹介しましたが、すべてに共通する注意事項があります。

水をつけすぎない

本来、霧吹きを使うのは、水分が欲しいけれどビショビショにしたくないときですよね。霧吹きの利点は、小さな水滴が細かく均等にでるところ。霧吹きの代わりとしてご紹介したものを使うときは、くれぐれも水をつかいすぎないように注意してください。

油分の入ったパン生地などには霧吹きは使わない

バターなどの油分が生地に入っているときは、生地の表面に水分をつける必要はありません。

そもそもパンやシュークリームを焼くときに霧吹きが必要なのは、焼いているあいだに生地が乾燥しないようにするため。乾燥すると、生地の表面が硬くなって、ふくらまなくなるからです。ふくらまないと硬いパンができあがるし、シュークリームの場合はペッチャンコになり、空洞がないので肝心のクリームが入らない…。でも生地に油分が入っていれば、乾燥することがないので霧吹きは使わなくても大丈夫です。

力を入れすぎない

ハケや手、キッチンペーパーを使う場合は、力を入れすぎないように気をつけてください。力を込めると、せっかくきれいに成形したかたちが崩れてしまいます。生地の表目に凹凸ができると、焼きむらの原因になってしまいます。

食品以外に使う霧吹きの代用品

パンやシュークリームを焼くとき以外でも霧吹きが必要なときがありますよね。普段の生活でキッチン以外でどんなときに霧吹きが必要になるのか、またどんなもので代用できるかご紹介します。

服のシワを伸ばすときの霧吹きの代用

今日着ていく予定の服にシワがついていた!アイロンも霧吹きも家にない…。なんてことがあったら困りますよね。そんなとき、家にあるもので代用して、すぐに使える方法があります。

蒸しタオルを使う

まずタオルを水で濡らして、水がたれない程度にしぼり、600Wの電子レンジで30秒ほど加熱します。ホットタオルをつくる要領とおなじです。熱くなりすぎないように温める時間は加減してくださいね。

それからシワのついた服を平に置き、シワの部分に蒸しタオルをひろげて、上から手で押さえます。熱かったら手の平でパンパンたたいてもかまいません。シワが大きくなければハンドタオルでも大丈夫。どちらにしても、タオルに水分を残しすぎないように注意してくださいね。シワがとれても、服が乾くのに時間がかかってしまいます。また、火傷しないようにくれぐれも注意してください。

ドライヤーの熱風をあてる

シワの部分をあらかじめ水で湿らせて、服をハンガーにつるします。ドライヤーの風量を最大にして、シワにむかって熱風をあてます。ときどきシワを手で引っ張ってのばすと、より早くシワがとれますよ。ただしドライヤーを服に近づけすぎると、縮むおそれがあるので、必ず5㎝くらい離して風をあててくださいね。

浴室に干す

少し時間に余裕があるときにおすすめなのがこの方法。浴槽にお湯をためて、シワのついた服を浴室にかけてしばらくそのままにしておくだけ。浴槽からでる水蒸気がシワを伸ばしてくれます。簡単ですが、服にお湯がつかないように注意してくださいね。また、浴室は蒸気が充満するように窓や扉を閉め切ってください。

観葉植物に葉に水を与えるときの霧吹きの代用

観葉植物は土だけでなく葉にも水をあげる必要があるのです。葉に水をあげることには、

  • 葉に水分を補給する
  • ホコリなどの汚れをとる
  • ハダニなどの害虫の発生を予防する

などの役割があって、観葉植物を元気に保つために欠かせません。

葉に水をあげるときのポイントは、葉の表側だけでなく裏側にもしっかりと水分をいきわたらせること。霧吹きがなくても、雑巾やキッチンペーパー、ティシュペーパーでも代用できます。

やり方は、雑巾などを水滴が落ちない程度に湿らせて、葉を一枚ずつ拭いていきます。そんなのじれったい、と感じるなら、軍手を使うという手もあります。両手が使えるので作業スピードも2倍。ただし滑り止めのついていない軍手を使いましょう。滑り止めのゴムの突起が葉に引っかかって、ちぎれてしまう可能性があります。

アイロンがけの時に使う霧吹きの代用

アイロンがけをしたいのに霧吹きがない!そんなときはハンカチが霧吹きの代わりになります。ハンカチを濡らして服の上にひろげ、その上からアイロンをかけます。ハンカチがヨレないようにゆっくりアイロンを動かしてくださいね。この方法だとシワがとれるだけでなく、ハンカチが当て布の代わりにもなって、服がテカるのを防いでくれます。霧吹きを使ったときよりきれいな仕上がりになるかも。タオルでも代用できますが、繊維の凹凸の少ない大判のハンカチがおすすめです。

アルコール消毒液に使うスプレーボトルの代用

大容量のボトルで買ったアルコール消毒液。携帯用のスプレーボトルに入れて使いたけれど、100均に行ったら売り切れていた、なんて経験はありませんか?そんなとき、家にある蓋つきのガラス瓶を小分け容器として代用できます。

そもそもアルコール消毒液として使用されているエタノールは、プラスチックの素材によっては容器を変質させてしまうことも。でもガラスならそんな心配はありません。ジャムの入っていた瓶でも代用できますね。念のため煮沸消毒してから使った方がいいでしょう。またアルコール消毒液を使うときは、ガラス瓶の中に直接手を入れず、ティッシュやキッチンペーパーに垂らしてから使った方がよさそうです。

ちなみに100均のスプレーボトルはほとんどがプラスチック製。アルコール対応かどうかを確認してから買ってくださいね。

霧吹きの代わりになるものまとめ

霧吹きの特徴

  • 小さな水滴が細かく均等にでる

パンやシュークリームを焼くときの霧吹きの代用品

  • ストロー
  • 手を使う
  • キッチンペーパー
  • コーヒーフィルター
  • ハケ
  • 水蒸気を発生させる

気をつけること

  • 水をつけすぎない
  • 油分の入ったパン生地などには霧吹きは使わない
  • 力を入れすぎない

食品以外に使う霧吹きを使う場面

  • 服のシワを伸ばすとき
  • 観葉植物に水を与えるとき
  • アイロンがけのとき
  • アルコール消毒液を小分けにするとき

食品以外に使う霧吹きの代用品

  • 蒸しタオル
  • ドライヤー
  • 浴室
  • キッチンペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 軍手
  • ハンカチ
  • ガラス瓶

以上、霧吹きの代用になるものをご紹介させていただきました。こうして見ると、霧吹きの代用になるものはたくさんありますね。しかも家にありそうなものばかり。

霧吹きが「今すぐ必要!」、「毎日使うものじゃないし、買うのはちょっと…」というときは、ぜひお試しください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる