\ Amazonタイムセール祭り! /

コットンの代用品/代わりにティッシュで拭き取り化粧水を拭いてもいい?

コットンの代用品/代わりにティッシュで拭き取り化粧水を拭いてもいい?

化粧水をつけるときや、化粧を落とすときにコットンを使うと思います。

実際、コットンは本当に必要なのか?手ではダメなのか?と疑問に思っている人もいらっしゃると思います。また、いざコットンが無い場合はどうしたら良いのでしょうか。

今回は、コットンを使うメリットとデメリット、また代用できるものはどのような物があるのか見てみましょう。

目次

コットンを使うメリット

肌へ均一に化粧水などが馴染む

手で塗るとどうしても塗りむらができてしまうと思います。コットンを使うことで、肌に均一にすべらせることができ、肌への効果が高いとされています。また、手で一気に塗るより、コットンで少しずつ塗り進めることで、意識的にも全体にムラなく塗れると思います。

角質ケアができる

顔のくすみや乾燥の原因にもなる古い角質をコットンを使うことでケアできます。コットンを肌にすべらせることで、肌の細かい凹凸に溜まった古い角質を取り除くことができ、ワントーン明るい肌を目指せます。

水分の浸透率が上がる

コットンを使うことで、化粧水を肌に強く当てやすいのでたっぷりと肌に水分を届けることができます。また、水分の浸透率をさらに上げたい場合、コットンパックをするとより潤いを肌に届けることができます。

コットンを使うデメリット

化粧水の減りが早い

コットンに吸収される分の化粧水が減るので、手で塗るよりも化粧水の減りが早くなります。ただ、吸収率がいいコットンなども売っていますので、そのような商品を選んだりして工夫するといいでしょう。

摩擦が起きる

コットンを直接肌に当てることになるので、肌に合わないコットンを選ぶと摩擦が起き肌への負担になってしまう可能性があります。また、コットンに含ませる化粧水が少ない場合も摩擦が起きてしまいます。

肌にあったコットンを選び、たっぷり化粧水を含ませることを意識すると良いでしょう。

コットンで化粧水を塗る場合の、メリット・デメリットを紹介しましたが、総合的に肌への負担や効果を考慮するとコットンで化粧水などを塗ることをオススメします。

コットンの効果などが分かったところで、次はいよいよコットンの代用品を紹介していきます。

コットンの代わりになるもの

キッチンペーパーでコットンの代用

本来、料理をする際にでた油の吸収や水分の吸収、キッチンの掃除などに使うキッチンペーパーですが、コットンの代用として使用できます。

キッチンペーパーを適当な大きさに切り、折りたたみ化粧水を染みこまし使用します。
また、顔の形にカットすることで、パックにすることも可能です。

実は、キッチンペーパーはコットンよりも吸収性に優れていると言われているので、たっぷりの化粧水を含ませることができ、化粧水がよく馴染むため、乾燥肌の方にはよりオススメです。是非、試してみてください。

ティッシュペーパーでコットンの代用

ティッシュペーパーは、毎日使う消耗品のひとつでご家庭に必ずあると思います。

ティッシュペーパーはコットンとは、肌触りが違いますが、コットンの代わりに保湿もできる優れものです。

代用方法は、お風呂上がりやメイクをする前に、ティッシュペーパーを2、3枚用意し、縦に2、3分割します。次に、折りたたみ普段使用している化粧水をたっぷり染み込ませます。この時、ティッシュペーパーを顔全体にいきたわたるようにします。2〜3分染み込ましたら、最後にお使いの乳液やクリームを仕上げに塗ることで、より保湿効果が高まります。

ただし、この方法をする際には、ティッシュペーパーはコットンよりめが粗いため、長時間乗せすぎると乾燥の原因にも繋がるので注意してください。

ティッシュペーパーは、コットンを毎日使うよりコストを抑えることもでき、家に常備されていることも多いので手軽に使用できます。

不織布でコットンの代用

マスクによく使われている不織布は、コロナ禍でより耳にするようになったのでは無いでしょうか。他にも手袋や手芸、園芸用品にも使われています。この不織布もコットンの代用品になります。

不織布は、繊維が入っていないので通気性に優れているのが特徴です。商品によって、ポリエステル等の繊維が使われているものもある為、スキンケアに使う際には、直接肌に触れても安心な医療用の不織布を使うことをオススメします。

クッキングペーパーでコットンの代用

クッキングペーパーも水分を拭き取ったり、お掃除に使うことが多いと思います。

クッキングペーパーもキッチンペーパー同様、吸収性に優れており化粧水がよく馴染むため、乾燥肌のかたにオススメです。

保湿マスクでコットンの代用

保湿マスクは化粧水がたっぷり使われています。保湿を目的とするならば、保湿マスクで代用ができます。

マスク自体に保湿成分が含まれているため、コットンに染み込ませる手間が省けることがメリット。
また、好きなサイズに切り部分用の保湿にも使えます。

ただし、使いかけのマスクや数枚入りのマスクはきちんと密閉しないと乾いてしまう為、気をつけてください。また、素手で取り出すと雑菌がついてしまう恐れがある為、ピンセットなどで取り出すと良いでしょう。

ガーゼでコットンの代用

ガーゼは、赤ちゃんにも使える素材もあるくらい肌に優しいので、コットンの代用品にぴったりです。ガーゼは木綿の糸を漂白して、平織りにした布のことをいいます。肌触りがいいいことが特徴です。

また、このように自作のコットンを作成している人もいます。2枚ガーゼを用意し、ガーゼを好みのサイズに長方形にカットして、縫い合わせます。簡単ですし、繰り返し使えてエコでコストも抑えられます。お手入れ方法も簡単で、水道で洗って干しておきます。2、3枚用意しておけば、毎日繰り返し使っていただけると思います。

パックにもクレンジングを染み込ませ、化粧落としとしても使えるのでガーゼもかなりオススメです。

綿100%の古着でコットンの代用

ご家庭で着なくなった綿100%の古着もコットンの代用として使えます。綿も肌に優しい素材の一つです。着なくなった服を使うので、コストもかからずとってもエコです。

おしりふきでコットンの代用

おしりふきは小さなお子様がいるご家庭に必ずあると思います。素材も柔らかく保湿成分が含まれているものが多いので、化粧水などを使用しなくても保湿ができます。本来、おしりふきは赤ちゃんの肌を清潔に保つために作られているので、充分コットンの代わりになります。

敏感肌の方は、肌への刺激が少ない「パラベンフリー」「ノンアルコール」のものを選ぶことをオススメします。

化粧用のスポンジでコットンの代用

化粧をする際に使用するスポンジもコットンの代用として使うことができます。使い方は、クレンジングを顔に馴染ませてから清潔なスポンジに水分を含ませます。水分を含ませることで、スポンジが柔らかくなります。柔らかくなったスポンジを肌に当て、メイクを拭き取ります。

スポンジだと細かい汚れも取れ、摩擦も起きにくいため肌にも優しいです。ご家庭に余っている化粧用のスポンジがあればぜひ試してみてください。

脱脂綿でコットンの代用

ケガをした際に傷口などに使う脱脂綿は、肌にも優しくコットンの代用品に使えます。脱脂綿は、綿の脂分を拭き取り漂白し成形したものになります。脱脂綿も液体を吸収する効果もあるので、コットンパックの代わりにもなります。

綿棒でコットンの代用

綿棒は、耳かきの代わりに使う人も多いのでは無いでしょうか。綿棒は名前の通り、綿を棒に巻ききつけたものになりますので、肌に優しい素材が使われているのでコットンの代用品に使えます。

綿棒にクレンジングを浸して、アイラインなどの細かいメイク落としにも使えるので便利です。

代用品を使う際の注意点

代用品をいくつか紹介しましたが、敏感肌の方に注意して欲しいことがあります。本来、顔に物では無いものも(キッチンペーパー、古着、おしりふきなど)あるため、初めて使う際には目立たないところで試してから使うようにしてください。

また、肌が傷つかないように擦らず優しく肌に馴染ませながら使うことをオススメします。

コットンがない時の代わりまとめ

今回は、コットンを使うメリット・デメリットと代用品を紹介しました。

コットンのメリットは、化粧水を均一に馴染ませ、肌への水分を多く浸透させることができます。
また、同時に角質ケアもすることができます。

デメリットとしては、化粧水の減りが早くなり、肌への摩擦が起きてしまう可能性があります。このことを解決するには、吸収率が良いコットンを選んだり、肌への負担が少ないコットンを選ぶことをオススメします。

コットンの代用品としてオススメは

  • キッチンペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 不織布
  • クッキングシート
  • 保湿マスク
  • ガーゼ
  • 綿100%の古着
  • おしりふき
  • 化粧用のスポンジ
  • 脱脂綿
  • 綿棒

があります。

代用品を使う際の注意点は、本来顔に使用する目的で無いものもあるため、初めて使用する際には目立たないところで、一度試すことをオススメします。また、擦らず優しく使うことを意識しましょう。

コットンは美肌効果があることがわかりました。また、コットンが無い場合でもご家庭にあるもので代用できるので、ぜひ使ってみて美肌を目指しましょう。

コットンの代用品はあくまでも代用品

今回紹介したコットンの代用品はあくまでも代用品です。

なので完璧にコットンの役割を果たせるわけはありません。

簡単に手に入るので今日は代用でとどめておき、次回からすぐに使えるように今すぐ購入しておきましょう!

コットンラボ
¥694 (2022/05/22 16:00時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazon




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる