粉糖の代用品/ない時に粉砂糖の代わりになるものは?

お菓子作りのレシピでよく目にする粉糖ですが、家にストックしていなかったり、上白糖などに比べるとお値段も少し高かったりしますよね。そこで今回は家にあるものを使って粉砂糖の代用ができないか調べてみましたのでご覧いただければと思います!

目次

粉糖の役割とは?

代用品に触れる前にまずは粉砂糖について詳しくみていきましょう。

粉糖はグラニュー糖をパウダー状になるまで精製した、粒子の非常に細かい砂糖のことです。

料理を作る際、さっと溶かした砂糖がいる場合にしようするととても便利です。

粉糖の主な役割は、

アイシングとして

クッキーを可愛くするアイシングには、粉糖と卵白が必要です。

粒の小さく滑らかな粉糖を使うと素早く綺麗に溶けるので美しいアイシングができますよ。

見た目が可愛いだけでなく、粉糖で作ったアイシングがクッキーの乾燥も防いでくれます。

焼き菓子の仕上げに

ケーキなどの仕上げに、上からサラサラと振りかける役割が真っ先に思いつくかと思います。

粉糖のスーっと口に溶けていき、あっさりとした甘さで、見た目も綺麗で、この役割は粉糖が最もふさわしいですよね!

焼き菓子やパンの生地に混ぜる

砂糖をたくさん使うケーキには粉糖を使うと、溶けやすく生地に混ざりやすいです。

砂糖のダマが残る心配がなく、口当たりの良い柔らかな生地のケーキやパンを焼くことが出来ますよ!

またマカロンの軽い食感の生地を作るのにも粉糖がピッタリです。

このように、お菓子作りに欠かせない粉糖ですが、他の砂糖とは何が違うのかを調べてみました。

その他の砂糖との違いは?

その他の砂糖でまず思い浮かべるのは上白糖ではないでしょうか?

砂糖を細かいパウダー状にしたものが粉糖ですので、他の砂糖との1番の違いは粒の大きさです。

砂糖の性質として湿気を吸収しやすいということがあります。

砂糖が湿気を吸うと固まるのですが、粒が細かい粉糖はなおさら湿気を吸い、固まりやすいので、サラッとした状態を維持する為のコーンスターチが含まれる商品が多いです。

このことがもう1つの他の砂糖との違いです。

次はいよいよ代用品をみていきましょう!

粉糖の代わりになるもの

グラニュー糖で粉糖の代用

粉糖はグラニュー糖をさらに半分ほどに砕いたものなので、代用に向いています。

海外では上白糖より使用頻度が高い砂糖として親しまれています。

グラニュー糖を代用として使う場合分量は粉糖と同じでかまいません。

しかし、そのままケーキの表面にかけることなどに使うと粒子が大きいので、

少量必要な場合は、すり鉢で実際使う分量より少し多めによくすりおろしてきめ細かい粒子にしてお使いください!

なぜ少し多めにかというと、どうしてもすり鉢の隙間に少量残ってしまい、分量をきちんと守ることが大切なお菓子作りの失敗につながることを防ぐためです。

また、たくさん必要という場合は、電動ミルやジューサーで細かく粉砕しましょう。

まだらにならないように、20秒ほどかけて、一度止めて、中身をしっかり混ぜて、もう一度20秒機械にかけましょう。

そのあと、茶こしなどの目の細かいものでふるって、粉糖の代用としてお使いいただくと再限度が高いのでおすすめです。

ちなみにフードプロセッサーですと、細かい粒にはできません。刃が大きく、砂糖がうまく機械の中で回らないからです。

上白糖で粉糖の代用

お家に常備している方も多いかと思います!

上白糖も粉糖のように真っ白ですし、味も癖のない甘さなので、代用可能です。

粉糖は買わず日ごろから上白糖で粉糖を作っている方もいるようです。

上白糖はお家にストックがある可能性が他の砂糖より高いと思いますし、市販されている量が1㎏が一般的かなと思いますので、 大量に粉糖が必要なレシピの場合に上白糖を代用されるのがおすすめでしょう。

その場合は上記でお伝えしたジューサーや電動ミルなどを使用しましょう。

ただし、砂糖は湿気を吸収しやすい性質がありますので、大量に作っておき保存することはあまり向いていません。

保存を工夫しないと固まってしまいますので、その都度必要量を作られることをおすすめします。

どうしても保存したい場合は、手作りした粉糖に対して市販品と同様に、砂糖の総量に対し、5%のコーンスターチを入れてください。

さらに保存場所は湿気の少ない冷蔵庫にしましょう。

こうすることで固まってしまうのを防ぐことができます。

手作りした粉糖の代用品にコーンスターチを入れた場合は、飲み物には溶けにくくなってしまうので、使用しないようにしてください。

きび砂糖で粉糖の代用

きび砂糖は、サトウキビの糖液をしっかり煮詰めて作られているため、色が茶色いのが特徴です。

またミネラルが豊富なのもきび砂糖の特徴で、同じ砂糖ならきび砂糖を取りたいという方のおられるかもしれません。

ですので、きび砂糖も粉糖の代用ができるのは嬉しいですね!

きび砂糖は茶色いので色が白くなくても構わないものに代用しましょう。

また、きび砂糖も粒子が粉糖に比べ大きいのでジューサーやすり鉢などで細かい粒子にしてから使用することをおすすめします。

黒糖ドーナツなどもあるので、茶色でも全く気になりませんね!

オリゴ糖もきび砂糖には含まれている為、おなかに優しく、白砂糖のように血糖値の上下の乱れが激しくならないため、体が冷えにくいなどいいことが多いので冷え性にお悩みの方やお子さんのおやつなどに粉糖の代わりに代用されるととても良いと思います。

三温糖で粉糖の代用

砂糖を作る際、残った糖液を煮てできたものが三温糖です。

サトウキビの絞り汁を煮詰めて凝縮し、濾過を繰り返して純度高く作るグラニュー糖や上白糖とは精製段階から違うのですが、色や味わいがあまり気にならないものに代用することは十分可能です。

色は煮詰めてあるので茶色いです。

味は少しクセがあり、ほんの少し香ばしさや、酸味を感じるかと思います。

ですので、コーヒーやレモンなど風味の強いものと組み合わせて作るものなら、三温糖特有の味わいが気にならずお使いいただけると思います。

コーヒーシュガーで粉糖の代用

コーヒーシュガーのなかには、グラニュー糖が入っている為、粉糖の代用にもちろん可能ですよ。

レシピの粉糖の量が少量の場合はコーヒーシュガーで代用するのがちょうどいいでしょう!

コーヒーシュガーのスティックタイプはだいたい、3~6gぐらいのものが売られていますので、細いタイプのコーヒーシュガーだと、小さじ1くらいの分量なので、ケーキの仕上げなどにちょっとほしいときなどにもってこいですね。

おうちでコーヒーを飲まれる方はあるかもしれないので探してみてください!

クリープで粉糖の代用

クリープは牛乳と乳糖をパウダー状にしたもので、ほんのり甘みもあり、見た目も粉糖に似ていますね。

ですが、クリープはあくまで乳製品であり、砂糖ではありません。

なので使える用途は、焼き菓子の仕上げにデコレーションとして少しかける程度にとどめておきましょう。

コーヒーなどの飲み物に入れる以外に様々な使い方で、クリープで代用されている方もいるようです。

クリーミーで優しい甘さに仕上がるのかなと思います。

粉糖の代用にできないもの

小麦粉

ネットにて粉糖を代用するのに、片栗粉や小麦粉はだめですか?という質問を見つけました。

粉糖を使う理由は主に2つで、一つは雪のような飾りとして、二つ目は軽い甘みとして、です。他の砂糖をかけるより甘みがふわりとします。
なので、小麦粉/でんぷん系では、見た目、かざりとしてはいいのですが、味としてはダメですね^_^;
ただ、飾りと割り切るなら、片栗粉でもいいかも知れません^_^;
常温長期保存できるものなので、少量買っておいてもいいと想いますよ♪

https://minnano-cafe.com/topics/7640

たしかに粉のサラッとした感じは粉糖にかなり似てはいますが、ご存じのように甘さは全くありませんよね。

最後の仕上げに少量かける程度ならいいかもしれませんが、食べた時に甘くない!とがっかりさせてしまうこともあるかもしれませんので、代用は避けた方が無難でしょう!

片栗粉

片栗粉なのでかけても溶けないので撮影をする場合にはおすすめとのことですが、あまりかけすぎると粉糖ではないのがバレてしまいますね。

口どけも粉糖ほど良くないので食べた際、違和感があるので、やはりおすすめしません。

粉糖がない時に代わりになるものまとめ

今回は粉糖の代用品についてまとめてみました。

  • 粉糖はグラニュー糖をパウダー状になるまで精製した粒子の非常に細かい砂糖である。
  • 粉糖の役割は【アイシングとして・焼き菓子の仕上げに・焼き菓子やパンの生地に混ぜる】などの役割を果たしている。
  • その他の砂糖との違いは、粒の細かさと、湿気を吸い、固まるのを防止するためにコーンスターチが含まれている。
  • 粉糖の代用品でおすすめなのは、【グラニュー糖・上白糖・きび砂糖・三温糖・コーヒーシュガー・クリープ】などである。
  • 粉糖を手作りすることも可能でジューサーや電動ミル、なければ、あるいは少量の場合は、すり鉢で家にある砂糖で作ることが可能である。
  • 作った代用品の砂糖を保存したい場合は、コーンスターチを加えて、冷蔵庫で保存することが望ましい。
  • 粉糖の代用品として片栗粉や小麦粉は甘みやくちどけの違いから向いていない。

焼き菓子の仕上げに粉糖を使用するだけの場合は、買わずに家にある砂糖で気軽に代用できることがわかりました。

代用品がわかるとお菓子作りに意欲が湧いてきそうですよね!

粉糖がないときのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる