\ Amazonタイムセール祭り! /

圧力鍋の代用品/ない時の代わりは炊飯器や普通の鍋?

圧力鍋の代用品/ない時の代わりは炊飯器や普通の鍋?

煮込み料理を作るときにとても役に立つ圧力鍋。

料理のレシピに圧力鍋を使用した調理方法も記載されていますが、圧力鍋をお持ちでない方もいらっしゃいますよね。そこで今回は、圧力鍋の特徴や代わりになるものをご紹介します。

目次

圧力鍋の特徴と代用する場合のポイント

圧力鍋とは、鍋本体と蓋を密封して加熱することで大気圧以上の圧力を加えられる鍋のことです。

空気や液体が外に逃げないような密封状態を作り加熱することで、鍋の中の圧力を上げて液体の沸点を高め、高温で調理することができます。

その結果、調理時間の短縮に繋がりカレーや角煮など時間のかかる煮込み料理も半分ほどの時間で完成することができます。

また、短時間で調理できることからガス代の節約にも繋がるので嬉しいことばかりです。

そんな圧力鍋の代用品を選ぶときのポイントは、本家の構造を意識して「密封性と保温性」の高いものを選ぶことです。

圧力鍋の完全再現は難しくても、密封性と保温性の二つの要素を意識して代用品を選ぶことで、圧力鍋に近い仕上がりは可能になります。

圧力鍋の代わりになるもの

炊飯器で圧力鍋の代用をする

炊飯器は、レシピ次第で圧力鍋の代用として使用することができます。

https://twitter.com/umuichirow/status/1462315753953128449

代用方法は、食材と調味料を入れて炊飯器のスイッチを入れるだけです。

炊飯器も圧力鍋のように密封性と保温性に優れているので、出来上がりは圧力鍋に近い状態になります。

お肉や魚などを煮込んで柔らかく仕上げたい場合はとても役に立ちます。

しかし、圧力鍋と比較したら完成までに少し時間がかかり、使用後は炊飯器のニオイ残りが気になる場合もあるので中の汚れをしっかりと拭き取るようにしましょう。

また、炊飯器で代用する場合は「圧力式」の炊飯器であることを確認してから代用して下さい。

「圧力式」ではない場合、炊飯器の故障や事故に繋がる可能性もあるので注意しましょう。

普通の鍋で圧力鍋の代用をする

ご家庭にある普通の鍋でも工夫次第で圧力鍋の代用品として使用することができます。

具体的な代用方法は2つあります。

1つ目は、ある程度煮込んでから鍋の周りを新聞紙やバスタオルで包み、保温します。

時間が経ち鍋が冷めたら、また火にかけて新聞紙やバスタオルで包み保温することを何度か繰り返します。

2つ目は、落とし蓋を使用します。

長時間煮込む場合、食材が煮崩れしてしまいますが落とし蓋を使用することで煮崩れを防ぐことができます。

落とし蓋は100円均一でも購入できますし、アルミホイルで代用することも可能です。

ただし、普通の鍋で圧力鍋の代用をする場合は調理時間がある程度必要になります。

大体ですが煮込み料理で10倍、普通の料理で5~7倍の調理時間が必要になりますが、圧力鍋と違い途中の工程で味見ができるので便利な面もあります。

ホーロー鍋で圧力鍋の代用をする

ホーロー鍋とは、金属製の鍋にガラスの焼き付けを行っていてデザイン性にも優れている鍋のことです。

このホーロー鍋も圧力鍋の代用品として使用することができます。

代用方法は普通の鍋と同じで、ある程度煮込んでから新聞紙やバスタオルで包み保温することを何度か繰り返します。

ホーロー鍋は熱伝導性や保温性が高いので、普通の鍋よりは早く仕上げることができます。

しかし、ホーロー鍋は重いので代用する場合は火傷などに注意して使用しましょう。

タジン鍋で圧力鍋の代用をする

食材の栄養と旨味を引き出すことを得意とするタジン鍋。

タジン鍋は山のような形をした蓋をしているので見た目にとてもインパクトがあります。

このタジン鍋も圧力鍋の代用品として使用することができます。

代用方法は普通の鍋やホーロー鍋と同じで、加熱後は新聞紙やバスタオルで包み保温することを何度か繰り返しましょう。

独特な形をしている蓋は重みがあるので、鍋の中の蒸気や熱を閉じ込めて圧力鍋と同じような状態を作り出すことができます。

ただし、独特な蓋の形と重さから包むときに手間がかかるかもしれません。

取り扱いには十分注意して使用しましょう。

スロークッカーで圧力鍋の代用をする

スロークッカーとは名前の通り、「ゆっくり調理をする」調理器具です。

スロークッカーは沸騰直前の温度で食材をじっくりと時間をかけて煮込むので、高温で短時間調理をする圧力鍋とは正反対になります。

しかし、食材を入れてタイマーをセットするだけで圧力鍋に近い仕上がりになるので、仕事をしている方や時間に余裕がある方にはおすすめの代用品です。

代用方法は、朝のうちに食材や調味料をスロークッカーの中に入れてタイマーをセットします。

そうすれば、夜にはまるで圧力鍋で調理したような美味しい煮込み料理をすぐに食べることができます。

温度はスロークッカーが一定に保ってくれるのでかき混ぜる必要もなく、煮崩れする心配も少なくなります。

ダッチオーブンで圧力鍋の代用をする

ダッチオーブンとは、持ち手と蓋が付いた分厚い金属製の鍋のことです。

ダッチオーブンは鍋に厚みがあるので、熱が平等に伝わりやすく食材にじっくりと火が通ります。

また、重い蓋をすることで鍋の中の空気を逃さず密閉状態を作り出してくれるので煮込み料理には最適です。

このダッチオーブンも圧力鍋の代用品として使用することができます。

ダッチオーブンはアウトドア用とキッチン用がありますが、キッチン用のダッチオーブンがある場合は問題なくご家庭のコンロにかけることができます。

代用方法は簡単で、普段と同じように加熱調理をするだけで圧力鍋に近い仕上がりが期待できます。

ただ、調理中は鍋全体がとても熱くなっているので火傷には注意して使用しましょう。

圧力調理バックで圧力鍋の代用をする

圧力調理バックとは材料と調味料をこのビニールバックに入れて電子レンジにかけるだけで、まるでじっくりと煮込んだかのような美味しいおかずが出来上がります。

また、ビニールバックの中で蒸気が密閉される仕組みになっているので加熱ムラなく調理することができます。

材料や調味料の分量によって加熱に必要な時間が異なるので、ビニールバックの専用レシピ通りに使用しましょう。

正しくビニールバックを使用しなかった場合、電子レンジの故障や事故に繋がる可能性もあるので十分に注意して下さい。

おすすめの圧力鍋

ティファール「クリプソミニットデュオ」P4604236

「クリプソミニットデュオ」は圧力鍋と鍋が1つになった2in1タイプが特徴の鍋です。

圧力鍋と鍋の調理モードの切り替えはセレクターを回すだけ。圧力調理モードなら大幅に調理時間を短縮できるので料理のレパートリーが増えてごはんを作ることが楽しみになりますね。

また、長時間の加熱に弱いビタミンCも圧力調理モードなら栄養を逃さずキープすることができます。

他にも、ハンドルを片手で開閉できたり、鍋にフッ素樹脂加工をしているので炒め物をしてもこびりつきにくくお手入れも簡単です。炒め作業もできるのでフライパンを洗う手間も省けますし、鍋の使い方も簡単なので圧力鍋デビューの方にはおすすめの商品です。

ただ、普通の鍋モードでも圧力が強いと感じる場合もあるので、様子を見ながら調理しましょう。

\Amazonタイムセール祭り!/
Amazon

マイヤージャパン「ハイプレッシャークッカー」YR-PC4.0

スタイリッシュな見た目が特徴的で実用性と機能性に優れている圧力鍋。

炊飯なら加圧時間が2分あれば完了します。すじ肉も短時間で柔らかくなるので時間のかかる煮込み料理にはおすすめの商品です。

この圧力鍋は圧力値が高いので短時間で調理ができますが、最初から柔らかめの食材だと煮込みすぎて食感がなくなってしまうというデメリットもあります。煮込み時間に注意して使用しましょう。

圧力鍋がない時の代わりまとめ

  • 圧力鍋の代用品は『炊飯器・普通の鍋・ホーロー鍋・タジン鍋・スロークッカー・ダッチオーブン・電子レンジ』がおすすめ
  • 圧力鍋の代用品は「密封性と保温性」の高いものを選ぶ
  • 『炊飯器』で代用する場合は「圧力式」を使用する
  • 『普通の鍋・ホーロー鍋・タジン鍋』で代用する場合は加熱後に新聞紙やバスタオルで保温する
  • 『ホーロー鍋・タジン鍋・ダッチオーブン』は重いので火傷に注意する
  • 『スロークッカー』は調理に時間がかかるが、代用方法は簡単
  • 『ダッチオーブン』はアウトドア用とキッチン用があるので確認する
  • 圧力式のビニールバックは専用のレシピ通りに使用する

圧力鍋のおすすめの代用品として7つご紹介しました。

代用品にもそれぞれ特徴がありますが、工夫次第で圧力鍋に近い状態の仕上がりが期待できます。

圧力鍋をお持ちでなくても、身近にある代用品で試してみて下さいね。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる